千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

台風の後、スバラシイ秋晴れ

10月2日(火)、午前9時の気温22.6℃、今朝の最低気温14.7℃快晴。朝から雲一つない青空が広がりました。前回ブログでは、台風24号の影響による館内の浸水の様子をお伝えしましたが、その状況から一変。穏やかなセンターの一日が今日も始まりました。皆さん被害はありませんでしたか? ものすごい風が吹きましたね。家が吹き飛ばされないかと心配で夜眠れなかったのは私だけではないはずです。

a0123836_14133311.jpg
中庭のようす。何事もなかったような穏やかな一日でした。降り注ぐ太陽の光も、穏やかな優しい日の光に日に日に変わりつつあります。あのギラギラした夏の太陽はもうありません。だって今日からもう10月ですからね。


a0123836_14133822.jpg
浸水を防ぐために角材にビニールシート↑を巻き、各引き戸の前に置いて入り込む水を防ぐため置いた角材↓。

a0123836_16300744.jpg
今週末も台風25号が日本に接近しますが、今度はむきを少し東に変えて7日は九州の西の海上を進むみたいですね。いずれにせよ天気は下り坂。連休の予定が立ちませんね。


a0123836_14134280.jpg
しかし生きものたちは、台風なんかに負けていません。チカラシバでしょうか?急に穂を出し始めました。


a0123836_14134789.jpg
ジュズダマの苞鞘(ほうしょう)のようす。黄緑色より、黒く熟した苞鞘の方が目立ってきました。


a0123836_14135282.jpg
カキの葉のようす。なんでカキの葉ってこんなにきれいな模様になるんでしょうね。


a0123836_14135746.jpg
ピンク色をしたイヌタデ(アカマンマ)が少しづつ目立ってきました。別名のアカマンマの由来は昔、赤い粒のような花をばらして赤飯に見立ててあそんだことから「赤いまんま」に由来しているそうです。

ときに自然は人間に牙を向くほどの脅威ともなりますが、日々の生活の一部として自然の移ろいは、私たちに潤いを与えてくれます。

かけがいのない自然を大切にしていきたいものです。

お待ちしています。





by isumi-sato | 2018-10-02 17:25 | センターこぼれ話