千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

曇り。秋の一日

9月22日、曇一時晴れ。午前9時の気温は24.8℃、今朝の最低気温は19.3℃でした。
予報では、今日は昼ごろ一時的に雨が降り曇りがちな一日となっています。


a0123836_17201437.jpg
朝方少しの間、薄日がさした頃合いを見て駐車場の舗装にむしろを広げて、先日脱穀したもち米のモミを広げて乾燥をしています。


a0123836_17202115.jpg
しかし、北の方の黒い雲は近づいてくるので、二時間余りでかたづけることにしました。それでもずいぶんとモミの手触りは乾いて軽くなりました。
昭和30、40年代まではこのむしろに広げて干す光景は一般的で、こどもにも天地返しなどの仕事の手伝いがよく与えられていたそうです。




a0123836_17202525.jpg
小雨が降り続いた後の空気は湿度が高く、朝の飼育水槽の外側には水滴がたくさんついていました。




a0123836_17203222.jpg
センター内雑木林を歩くと足元には、クヌギのドングリが落ちていました。




a0123836_17202898.jpg
林道を歩くと、カラスウリの葉色が変化して秋を感じさせてくれます。




a0123836_17203673.jpg
カラスウリの実も発見しました。まだスイカのように縞模様が入って緑色をしています。
オレンジ色のカラスウリらしい実になるには、もう少し時間がかかりそうです。



a0123836_17203903.jpg
湿性生態園のデッキ沿いに、これよりも五分の一以上も小さな直径10mm程のツル植物の丸い実がありました。スズメウリです。こちらはやがて、白い色の実になります。




a0123836_17220030.jpg
湿性生態園ヤナギ林の根元の水位が上がりました。根がだいぶ隠れて、ヤナギ水没林と呼ぶにふさわしく戻りました。降り続いた雨で、周囲の山からジワジワと水の流入が続いているもようです。



a0123836_17220894.jpg
ヌスビトハギの花と実も観察できました。



a0123836_17221259.jpg
畑では、ワタの実がはじけ始めました。白いやわらかなものが膨らんで開いています。



a0123836_17221674.jpg
堰の水位は、土管の下四分の一くらいになりました。
長い間水位が低い状態が続いていたので、水が少したまると、少しほっとします。



a0123836_17222186.jpg
モズの鳴き声が聞こえてきます。
電線ですが、停まっている姿を撮影できました。

秋の散策に、ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-09-22 17:23 | しょくぶつ