千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

米作り2・稲刈り体験をしよう

9月1日(土)、午前九時の気温29.3℃、今朝の最低気温24.8℃、曇。雨が降る予想に反して昼間は太陽が顔をのぞかせるほどの良い天気となりました。今日の最高気温は32.7℃。雨の予報は何だったのでしょうか?しかし雨が降らなくてよかった。なぜなら?↓

a0123836_15073767.jpg
今日は「米作り2・稲刈り刈体験をしよう」。センター行事の中での一大イベントでしたから。
去年、おととしと中止になり三年ぶりの稲刈り行事となりました。
まずは、中庭に集合して日程等の説明。そして稲の刈り方についても説明しました。ケガの防止、鎌の取り扱い方、刈り方、重ね方、結束方法、そして結束わらの取り付けなど…丁寧に職員から解説しました。やはり一番注意してもらいたいのは熱中症です。今日も、蒸し暑い一日でしたから。今年は異常な暑さでしたしね。

a0123836_15244057.jpg
お子さんの参加も多くありました。腰に結束わらを付けた姿はなんと微笑ましいことでしょう。



a0123836_15074392.jpg
親子で並んで稲刈りなんて、よい思い出になりますね。


a0123836_15251807.jpg
手刈りだけでなく、コンバインでの作業も行いました。
a0123836_15252009.jpg
とても蒸し暑い一日でした。無理しない様に稲刈り作業が進みます。



a0123836_15082176.jpg
稲刈りの後は、昔の農具を参加者の子どもたち体験してもらいました。これは足踏み脱穀機。足で踏み板を踏むと逆Ⅴ字型の針金の歯がついている円筒形の胴が回転します。その上に稲穂を当て脱穀する農具です。


a0123836_15075109.jpg
こちらは千歯扱きを使っての実戦です。千歯扱きもイネや麦などを脱穀する農具です。うまくできたかな?


a0123836_15083681.jpg
最後は、竹を組んでおだかけに今日刈り取った稲を干しました。里山の風景の完成です。今日から9月。この風景から秋の始まりを感じることが出来ます。まだまだ残暑は厳しそうですが…アンケートのは「暑い中での作業が新鮮で楽しかった。大変さとありがたさをしりました。」や、「いい運動になった、達成感!!」、「いい汗かいた」など、さまざまな感想をいただきました。お子さんの意見の中には、「いねかりはたのしかったけど ちょっとつかれた おこめづくりはたいへんなんだな」と書いてくれたお子さんもいました。お米作りの大変さが分かりましたか?
身をもって感じることが一番大事なことですね。参加された皆様、ボランティアの皆様ありがとうございました。

秋の風景を堪能しに来ませんか?

お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-09-01 17:25 | 行事報告