千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

新たな発見はありましたか?

8月5日(日)午前9時の気温30.9、晴れ、今日の最高気温33.9℃今日もホットです(泣)。いつになったらこの暑さは落ち着くのでしょうか?早く来い!秋よ来い!

暑さも厳しい夏休み真っただ中ですが、近隣地区の子ども会の皆さんがセンターを利用してくれました。行う行事は水路の生きもの観察と紙すき体験です。女子チーム、男子チームに分かれ体験学習を行いました。

a0123836_14485538.jpg
まずは水路の生きもの観察、通称「水路のガサガサ」のようすから。観察する水路に集まり、タモ網の使いかた、諸注意などを伝えました。どんな生きものが観察できるかな?


a0123836_14490239.jpg
男の子チームは、始めは少し恐る恐る水の中に入りましたが、いろいろな生きものたちが捕まり始めると元気もいっぱい。
水路の中は涼しいので、なかなか水からあがらなくなったくらいです。


a0123836_14490740.jpg
観察できた生きものは、モツゴ、ドジョウ、ヨシノボリ類(クロダハゼ)、メダカ、スジエビ、テナガエビ、タイリクバラタナゴ、アメリカザリガニなど。水生昆虫ではマツモムシ、シマアメンボ、ヘビトンボ、など。シジミ、タニシ類、カワニナなどの貝類もたくさん見つかりました。ヘビトンボの姿を初めてみる子どもたちも多く、たくさんの足に見える呼吸のための突起など少し変わった姿が印象に残ったようです。いろいろな種類の生きものたちが水路の中に住んでいることも思い出に残ったようです。


a0123836_14491273.jpg
女子チームも頑張りました。男子チームと同じような種類の生き物がつかまりました。
机の上のバット、透明ケースに入れてじっくりと水辺の生き物を観察しました。
タイリクバラタナゴの赤い色が入ったオスの体が印象に残ったようです。
最後は、生きものたちを水路に返して「ありがとう」。


a0123836_14491795.jpg
こちらは、紙すき体験のようす。パルプを紙漉き作成セットに流し込み、押し花や、葉を漉き込み自分だけのオリジナルはがきを作ります。「さて、このパルプ何からできているでしょう?」の問いに「お米」「トイレットペーパー」ブッブー×。三年生のお友達は「牛乳パック」と答えてくれました。ほんとはみんな知っていたんでしょう(笑)


a0123836_14492027.jpg
紙すきに漉き込む材料は子ども会の保護者の方が持ってきてくれました。アジサイの押し花や、モミジの葉、ヨモギ?の葉など沢山持ってきてくれました。何を漉き込むか迷ってしまいますね。



a0123836_14492498.jpg
完成したはがき。押し花の鮮やかな色が残り素敵なハガキになりました。よい思い出になりましたか?


a0123836_14492833.jpg
最後は記念撮影を行い、工作室でお楽しみ会を行ったようです。夏休み満喫してますか?


でも宿題も頑張らないとね。

いすみの自然から、新たな発見が出来ましたか?


また遊びに来てくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-08-05 17:25 | グループ・学校利用