千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

台風の被害なく

7月29日(日)、午前9時の気温27.9℃、晴れ。今日の最高気温30.8℃。台風12号の被害はなく、降り始めからの雨量は9㎜。もう少し雨量があってもよかったなーと思ってしまいますが、大きな被害がなかったことが一番よいことです。

a0123836_14011881.jpg
朝の空の様子。青空は覗くものの、雲は多め。南から北方面へとても早い速さで雲が流れていく様子が観察できました。


a0123836_14012711.jpg
前述した通り、センター敷地内は大きな被害はなくちょっとした落枝が所々に見られる程度でした。


a0123836_14013275.jpg
田んぼとハス田のようすを見に屋外へ。足元には黄色く小さなカタバミの花が観察できました。ムラサキカタバミは、この時期より少し前に観察できましたが、カタバミはあまり観察できないでいました。気が付かないだけだたのでしょうか?黄色くかわいい花を咲かせていました。
カタバミの名の由来は夜になると葉を閉じて眠るため葉が食べられ半分に欠けたように見えることから「片喰:カタバミ」と名付けられたそうです。葉が酸を含むためかむとすっぱお味が主るそうです。揉んで十円玉を磨くと酸でピカピカになるそうです。昔は金属や鏡を磨くために用いられたことから「黄金草」や「鏡草」の別名もあるそうです。


a0123836_14013542.jpg
林道では、ウツギの果実が多く観察できます。コマのような形が特徴的です。


a0123836_14014242.jpg
デイキャンプ場近くの農業資材倉庫の軒下では、セミがクモの巣に引っかかってしまっています。かわいそうとも思いますが、これも自然の摂理なのでしょうか?


a0123836_14014762.jpg
湿性生態園のようす。「湿性」ですのでもう少し水が欲しいところです。


a0123836_14015240.jpg
湿性生態園からの帰り道。林道にはカラスアゲハでしょうか?私が歩いていると後を追いかけてくるようにひらひらと舞い降りてきました。吸水しているようです。

センターでは、さまざまな生きもののようすがじっくり観察できます。

お越しください。お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-07-29 17:25 | センターこぼれ話