千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

夏にむかって

6月28日(木)、今日の最高気温31.3℃、暑い(汗)。体にこたえますね。
外を少し歩いただけでも肌がジリジリ。

a0123836_14570137.jpg
万木堰のようす。風が強かったため、万木堰の水面に風の吹きつけるようすがくっきりとみえます。


a0123836_14570858.jpg
田んぼの稲も風に吹かれて波が立っているようです。この風になびく稲は私にとっては夏の到来。幼いころには青々とした田んぼを見ると「もうそろそろ夏休みだな」と思ったことを今となって思い出します。いすみ市出身の私ですが、幼いころから自然に囲まれて生きていると、さまざまな生きものから季節の変り目を教えられていたんだなとこの歳になって気づきました。




a0123836_14573907.jpg
これはミゾソバの葉でしょうか?湿性生態園の木製デッキにの近くに多く見られます。まだまだ花は咲きませんが、葉が特徴的な形をしています。ピンク色のかわいい花が咲きます。



a0123836_14575831.jpg
コシアキトンボも数が増えてきました。胴の部分が白く空いているから「腰空き」トンボなんっだって。
a0123836_14580410.jpg
ムラサキカタバミが湿性生態園の木製デッキ入り口に多く観察できました。いつの間に咲いたのでしょう?しかしこの花は南米原産。江戸時代末期に園芸用の植物として日本に持ち込まれました。美しいピンク色の花とハート型のかわいい花ですが、気温の高い沖縄では旺盛に生育し問題になっているそうです。(散歩が楽しくなる雑草手帳/東京書籍)

a0123836_14581004.jpg
今日もハスの花は優雅に咲いています。


外は暑いですが、植物から涼をもらいに来ませんか?

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-28 17:25 | センターこぼれ話