千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

雨の日の仕事

6月16日(土)、午前9時の気温15.7℃、今朝の最低気温15.2℃、雨・雨・雨。雨ばかり、そして寒い。梅雨の時期ですからしょうがないですね。
今日の最高気温は16.7℃でした。「梅雨寒」という言葉がぴったりな一日となりました。

a0123836_11445034.jpg
中庭のようす。雨が降り続き、ひっそりとしています。早く梅雨が明けて、みんなザリガニ釣りに来てくれないかな~。


a0123836_11452974.jpg
雨が続くので館内での作業。ソラマメが完熟して固くなったので自家採種しました。
乾かしたさやから種を外しています。今年の秋にまく種です。


a0123836_14002494.jpg
こちらはナノハナ(セイヨウアブラナ)の種。ブルーシートの上に置き、踏んでサヤから種を出します。



a0123836_11453450.jpg
踏んだ後、ふるいにかけてさやの繊維や砂などを分けて種を振るい落とします。


a0123836_14002949.jpg
黄色っぽくて丸いのがナノハナの種です。1mmあるかないかの大きさです。まだサヤなどがとりきれていません。




a0123836_16222705.jpg
そしてこの作業。「風選」しています。てみの中に採集したナノハナの種をいれ、両手で押さえ、円を描くようにゆすります。そうすると種だけが真ん中に残り、不要なものが外側へ移動していきます。同時に上に投げ上げて風によって軽い大きなものを飛ばします。そして種だけを集めることが出来るのです。昔の人の知恵には脱帽です。今日もまた賢くなりました(笑)。



a0123836_11461285.jpg
林道では、サルトリイバラの葉が大きく目立ち始めました。花の時期は過ぎましたが、今度は赤い真っ赤な果実をつける準備でしょうか?


a0123836_11461602.jpg
アジサイの隣には、ヤブガラシが花を咲かせ始めました。オレンジの小さな花です。でも名前は「薮枯し」。別名「貧乏かずら」かわいい花ですが少しかわいそうな名前がついています。しかし名の通り旺盛に生育して藪を覆いつくし他の植物を枯らしてしまうことからこの名が付いたそうです。




a0123836_11451452.jpg
雨に濡れたイスミスズカケ。雨水をまとった姿も乙なものです。ぜひ見に来てくださいね。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2018-06-16 17:25 | センターこぼれ話