千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ネムノキの花、コウゾの実

6月13日(水)、午前9時の気温20.3℃、今朝の最低気温18.9℃、曇のち晴れ。朝方は風が少し強めに吹きましたが、正午ごろまでには止みました。からっとした天気で過ごしやすい一日となりました。

a0123836_15130375.jpg
昆虫広場の様子。この時期、職員は草刈りに追われます。


a0123836_15130812.jpg
ハスの花の様子。今朝は開きそうなつぼみが一つ(いつ完全に咲くでしょうか?)。8割ほど開花したつぼみが1輪観察できました。しっとりと優雅なピンク色をしたハスの花は、あわただしい毎日を、一瞬忘れさせてくれます。


a0123836_15131266.jpg
田んぼ脇のネムノキは、いつの間にか多くの花を咲かせ始めました。


a0123836_15131721.jpg
アカメガシワの花のようす。近くでじっくり見るとデザインされたような繊細な形をしています。


a0123836_15132343.jpg
コウゾの果実でしょうか?赤くつやつやした果実がキラキラかがやいていました。おいしそうです。このコウゾの樹皮は繊維が強く和紙に使われているそうです。


a0123836_15132700.jpg
カラスザンショウの木です。花芽がだいぶ目立ってきました。樹皮にはトゲがボコボコしています。ミカン科の樹木で、アゲハチョウの仲間が寄ってきます。

a0123836_15133261.jpg
林道では、セイダカアワダチソウが私の背丈ぐらいになっていました。その葉の上には二ホンアカガエルが止まっていました。高層マンションに住んでいるカエルたち。葉の上で獲物を狙っているのでしょうか?


さまざまな植物が花を咲かせ、実を付けました。センターは見どころいっぱい。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

by isumi-sato | 2018-06-13 17:25 | センターこぼれ話