千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

イスミスズカケ開花/君の学校にもあるんだよ

6月8日(金)、午前9時の気温24.5℃、今朝の最低気温17.1℃、朝方は夏を思わせる入道雲のような雲がセンター上空を覆いました。そのあとはグレーの雲がモクモク出現。パラパラと小雨が降る時間帯もありました。

今日は近隣の小学1.2年生が校外学習の為センターを訪れました。30分交替でザリガニ釣り、水路の観察、自然観察、館内案内を4班に分かれて行いました。ハードスケジュールです。
a0123836_15533312.jpg
まずはザリガニ釣りのようす。はじめに外来種のお話を少しした後、竿の持ち方をの伝えました。「竿の真ん中をもって立ててくださいね。」ザリガニはたくさん釣れました。



a0123836_15534577.jpg
今度は水路観察のようす。はじめは中庭脇にある水路で観察。小さい網をもって水路の生きものを捕まえてました。観察できたのは、メダカ、ドジョウ、アメリカザリガニ、貝類、クモの仲間、アメンボの仲間、カワエビの仲間など。しかし、生きものを捕まえるのに夢中で長靴がドロドロ。洋服までドロドロにしてしまう子が続出したため、急きょ、後半2班の水路観察は場所を移動しゲンジボタルの生息する水路で水路観察となりました。




a0123836_15535201.jpg
ゲンジボタルの生息する水路では、タニシ類やカワニナ、サワガニなどが観察できました。

a0123836_16195635.jpg
これはゲンジボタルの昼間のようす。夜のホタルも良いですが、昼間のホタルも観察するのも面白いですね。みんなゲンジボタルの昼間のようすを観察できました。





a0123836_15543842.jpg
そして自然観察のようす。田んぼではイネの根元でイトトンボの羽化を観察。ハス田に向かいオニグルミ果実を見ながら二ホンリスのお話。ハス田ではハスのつぼみが膨らみ始めたので、ハスの花が開花したようすを撮影したA3パウチサイズの写真を見せて解説。






a0123836_15540034.jpg
その後雑木林で、コナラ、クヌギなどの樹木の観察。畑へ移動しダイコンの花・種、ワタの花そして他の作物も観察しました。最後は万木堰へ。「この万木堰の水は何に使われるのかな?」



a0123836_15545072.jpg
館内見学のようす。センター中央にあるジオラマを使ってみんなが通っている小学校の位置を確認。バスに乗ってどのようなルートでセンターへ到着したか確認です。自分の家も見つけられました。「オレの家ここだよ~」みんなうれしそうです。そして田んぼ、丘陵、夷隅川、ため池のお話をしました。その後はセンター建屋南側出口に展示してあるイスミスズカケの解説。
「学校にもあって昨日花が咲いてた」という子もいれば、「そんなの知らない」という子も…ずいぶん見えてるものが違うんですね。今日解説したイスミスズカケを忘れないようにメモを取ってもらいました。学校に帰ったら学校のイスミスズカケも観察してみてね。

a0123836_15545554.jpg
最後はミヤコタナゴの解説です。ミヤコタナゴも学校でも飼育しているようで…やはり知らないお友達とよく観察しているお友達がいます。せっかく展示しているのだからじっくり観察してくださいね。オスとメスの違い、卵の産みつけ場所、数が減ってきてしまった理由などを話しました。希少な生きものを知ってみんなで大切にしましょうね。みんなのしおりを見ると観察したものがずらりと書かれていました。感心感心。みんな頑張りました。


a0123836_15545964.jpg
センターのイスミスズカケ。根元に近いツルの分部を見ると…咲いてます。紫色の鮮やかな花が。とうとう開花いたしました。皆さん見に来てくださいね。


by isumi-sato | 2018-06-08 17:25