千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

穏やかな初夏の一日

5月12日(土)、午前9時の気温21.7℃,今朝の最低気温10.8℃、晴れ。今朝も朝方は冷えたようです。しかし昼間は外を少し歩くだけでも汗ばみます。ここ何日かの寒暖差で、体調を崩さないようにしたいものです。

a0123836_14461850.jpg
センターの様子。新緑は少しづつ濃い緑色に変わり始め、風に吹かれて心地よく揺れています。鳥のさえずりに癒されます。
上の写真、よく見るとオレンジ色の線が見えますね。昨日、イノシシ対策で急遽展開した電柵です。これですんでほしいと願っています。電柵だらけにはしたくないので。

今日も多くの家族連れが、ザリガニ釣りをしに遊びに来てくれました。今日はこの時期ならではのセンター日和でした。



a0123836_14462264.jpg
デイキャンプ場では、ミカンの花が咲き始めました。白く凛とした花。近くによると、やはり柑橘系の果実をつけるだけあってとても良い香りがしました。


a0123836_14462411.jpg
ミカンの木の近くでは、アゲハチョウの仲間が2頭ミカンの木の周りを行ったり来たりして飛び回っています。大きいほうのアゲハチョウは翅がボロボロ。一回り小さいアゲハチョウが翅がボロボロのアゲハチョウを追いかけています。オスとメスでしょうか?観察を続けるともう一頭割り込んできました。メスの取り合いでしょうか?


a0123836_14462799.jpg
ケヤキの木の下。柔らかな日の光が降り注ぎます。


a0123836_14463066.jpg
雑木林のカヤの木の様子。新しい葉が生えていました。新しい葉は触ってみるととてもやわらかいです。一世代前の葉は、硬く先がとがっています。



a0123836_14463446.jpg
カヤの果実もなり始めました。



a0123836_14463862.jpg
湿生生態園へ続く林道。遥か上ですが(頭上2mぐらい。もっとかな?)、センダンが鮮やかな紫色のつぼみをつけ始めました。


a0123836_14464105.jpg
湿生生態園では、降り続いた雨のおかげで水位が高くなっていました。マルバヤナギの緑色がだんだんと濃くなっていることがここでも分かります。昨日のブログでも少し取り上げましたが、マルバヤナギの綿毛が種を付けてふわふわと飛ぶ光景「りゅうじょ」が今日も観察できました。あまりに不思議かつ、珍しい&素敵な光景なので「観察」というよりも「観賞」と言いたいぐらいです。昨日に引き続きの「りゅうじょ」の動画ですが、今日のほうがよく撮れました。FBにUPしました。見てくださいね。FBはこちら


a0123836_14464463.jpg
こんなに綿毛を付けているのですね。今の時期にしか見ることの出来ない光景です。


是非見に来てくださいね。


by isumi-sato | 2018-05-12 17:25 | センターこぼれ話