千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ゴールデンウイーク三日目、突然の雨

4月30日、昭和の日の振替休日。曇り時々晴れ。午前9時の気温は20.8℃、今朝の最低気温は13.1℃でした。ゴールデンウイーク二日目。通年では穏やかな休日といったところでしたが、連休の後半では荒れた天気も予想されています。
今朝の天気予報では、当地域は「日焼けや熱中症に注意ください。」と聞きましたが、雲が多くドンヨリとしたすっきりしない朝を迎えました。あれちょっと違う?


a0123836_13340870.jpg
田植え後、一日経過した田んぼのようすです。
昨日の田植え参加者の親子が、自分の植えたところを見に来られていました。
「あっ。ほとんどの苗がちゃんとまっすぐに立って植わっている!! よかったー!!」



連休前半の最後、ティキャンプ場はたくさんの人でにぎわいました。

a0123836_13094115.jpg
いすみでは、昼一時的に雨がパラつきました。その時の雨雲(tenki.jpより)。天気予報には全くなかった、細く南北につながった雨雲です。


a0123836_15184126.jpg
突然の雨、デイキャンプ場を利用されたお客さんは農機具庫の軒下に避難。「雨が降るなんて聞いてないよ~」。その後、時期天気は回復し晴れ間もあったのですが、残念ながらすぐに曇ってしまいました。


a0123836_15191625.jpg
万木堰の様子。対岸には、白い花を咲かせた樹木がだいぶ目立ちます。ミズキの花のようです。


a0123836_15192187.jpg
望遠にてのカメラ撮影。葉脈がはっきり見えます。里山や山地のやや湿ったところに生えています。葉は互生(ちなみによく似たクマノミズキは対生です)。ミズキの樹形は独特で枝を水平方向に面状に広げていくつもの階層を作るので、慣れれば遠くからでも見分けられます。春に枝を切ると、水のように樹液が出るのでこの名がつけられたそうです(葉で見分ける樹木/小学館より)。



a0123836_15193103.jpg
今日、遊びに来てくれたお友達がセンターで捕まえた昆虫を、図書室にある図鑑で調べていました。すばらしい! 観察できた昆虫は「ヒメツチハンミョウ」と「ヨコズナサシガメ」だったそうです。事務所に一声かけていただければ図書室はご利用できますよ。皆さんもセンター内で観察できた生きものを調べてみてくださいね(捕獲した生きものはちゃんと逃がしてくださいね)。
※追記:当センターの野外施設は自然観察の場所(生態園)として管理しています。学習会等の管理者が許可した場合を除き、網などの道具を使った採集はご遠慮願っていますので、ご理解・ご協力ください。



a0123836_15193626.jpg
カラムシでしょうか?虫のような名前ですが植物の名前です。茎を高く伸ばし、目立ち始めてきました。もう少しで、カラムシの葉の上にとまっている、ラミーカミキリが観察できる季節がやってきます。楽しみですね。



明日、5月1日(火)は振替の休館日です。おまちがえないように。
連休後半もご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-04-30 17:12 | センターこぼれ話