千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

万木城の歴史と里山の自然観察

4月14日(土)、午前9時の気温12.6℃、今朝の最低気温7.0℃、曇。朝方は雲が多くドンヨリ。日が出て暖かくなったり、強い北風が吹き付けたりと、気温の定まらない一日となりました。暖かい春日での開催とはなりませんでしたが、本日は万木城の歴史と里山の自然観察」の行事を行いました。30年度最初の行事です。

a0123836_16102018.jpg
開催時間より早く全員の参加者が集合してくれました。集合時間に遅れた方はいませんでした。皆さんスバラシ!講師紹介、職員紹介、そして参加される方の自己紹介をいただき、行事の開始です。



a0123836_16131783.jpg
館内で講師よりカエルに関するお話をいただき、朝ケースに捕獲しておいた本物のカエルを観察後、屋外へ!センター建屋南側では、まずイスミスズカケの解説とカントウタンポポのセイヨウタンポポの違いを解説。実際に二種類のタンポポを観察して違いを観察できるかな?



a0123836_15522805.jpg
湿生生態園は今が一番良い季節。マルバヤナギの新緑の中を歩くと春を満喫できますね。

a0123836_15523364.jpg
トウキョウサンショウウオの卵のう観察場所へも寄りました。近くで見てみると…
a0123836_15523705.jpg
孵化したばかりのトウキョウサンショウウオが観察できました。自然界で孵化したトウキョウサンショウウオを観察したのは初めてだったので、少し感動いたしました。「頑張って生き抜くんだよ…」

a0123836_15524697.jpg
心臓破りの大階段を上った後は、皆さんお待ちかねのお昼タイム。急な階段を上ることに精いっぱいで写真を撮り忘れました。失礼。昼食の後は、いすみ市の郷土資料館から、郷土史に詳しい講師を招いて解説を受けました戦国時代の房総で、天下に勇名をとどろかせた万木城。田園地帯を見下ろす丘の上に築かれています。東、北、西の三方を囲む夷隅川が天然の濠となり、丘陵の急な崖を活かした天然の要塞だったようです。当時の城は大きな建築物はなく、地形を生かして土で作られていた山城だということです。
a0123836_15525453.jpg
その後豊臣秀吉の小田原攻めによる北条敗北と運命を共にし、落城しました。その頃に焼けたと思われる炭化米が今も見つけることができます。みんなで探しました。炭米探しに皆さん夢中。400年以上昔の米が見つかることはすごいことなんですよ。

a0123836_15530054.jpg
わーいこんなに見つけたよ。


a0123836_15530328.jpg

陵尾根歩きをしつつ植物観察。贅沢ですね。この植物はハナイカダという植物。葉の上に花が咲くという珍しい植物。普通葉の上に花は一ヶ所だけ咲くそうですが、これは花が二ヶ所咲いています。講師曰く2ヶ所咲いているのは珍しいそうです。本日観察できた植物は、カントウタンポポ、セイヨウタンポポ、カサスゲ、マコモ、サルトリイバラ、ムラサキケマン、シャガ、キュウリグサ、ナガミヒナゲシ、フキ、ハナイカダ、マムシグサ、シャク、ツルカノコソウ、スミレ類、アケビ、アカメガシワなどなどたくさんの植物が観察できました。この植物に関する解説を文化や、歴史を背景としておもしろく、そして楽しく講師より解説をいただきました。ありがとうございました。


a0123836_15530713.jpg
最後は、海雄寺にて釈迦涅槃像を特別に近くで拝観させていただきました。本日は特別に海雄寺の中に入って参拝させていただきました。この釈迦涅槃像はおよそ300年前に作られ、長さ5.16mもあります。海雄寺は土岐氏の菩提寺だったそうです。釈迦涅槃像の体の部分は寄付を募って作られたそうです。釈迦涅槃像の体には、首から肩の分部にかけては、発起人として頭の部分を作った人たちの名前が縦方向に彫られ、それより下の部分には寄付をした方の名前は横方向に彫られています。今日は近づいて目の前に掘られた名前を見ることが出来ました。


あっという間の4時間でしたがいろいろなことを学びました。講師の皆様、いすみ市の郷土資料館の皆様、海雄寺の総代さん、ありがとうございました。



行事終了後、参加者にご協力いただいたアンケートには、「とてもためになりました」「自然や歴史に詳しい先生の解説をいただいて楽しかった」などうれしい回答をいただきました。



ご参加ありがとうございます。これから5月に向けてセンターはたくさんの行事が行われます。
またのご参加お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-04-14 17:27