千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

待ちわびた季節

4月8日(日)、午前9時の気温13.8℃、今朝の最低気温5.8℃、快晴。風は冷たいものの雲一つない朝を迎えました。いすみ市の私の自宅庭では、ハナミズキの花が開花し、庭をにぎやかに彩っています。待ちわびた季節の到来です。

a0123836_15232534.jpg
中庭のハクモクレン。黄緑色の若葉が観察できます。太陽の光が透けてキラキラと穏やかな週末を迎えたセンターです。

a0123836_15233243.jpg
毎日の観測を行いに百葉箱へ…開けるとこの時期にはよく見られる光景ですが、二ホンアマガエルが飛び出してきます。平静な顔をして微動だにしません。鼻腔から鼓膜の後ろにかけて黒いすじが入っているのが特長です。


a0123836_15233681.jpg
中庭水路脇にあるエノキの木には、センブリの仲間でしょうか?地上から2.5m程の高い枝にぴったりととまっています。池の沼など水辺の植物の葉に観察され、花粉などを食べるそうです。4月から5月だけ成虫が見られるそうです。皆さんもさがしてみてください。

a0123836_15234054.jpg
午後には、多くのザリガニつりに来るお客さんでにぎわいました。でも今朝のすがすがしく晴れた空は午後には雲に覆われ、肌寒くなりました。寒さでザリガニも隠れてしまったのでしょうか?「つれなかったー」というお子さんが続出。そんな状況でも根気よく50匹釣り上げたお友達もいました。やっぱりザリガニつりは「根気」ですかね。

a0123836_15234420.jpg
ハルジオンでしょうか?昆虫広場で多く観察できます。もともとは北米・フィラデルフィアの大地に野の花で、日本には大正時代に園芸用植物としてアメリカから導入されたようです。(散歩が楽しくなる雑草手帳/東京書籍より)




足元に目を向けるとたくさんの発見が今日もできました。


どうぞセンターでたくさんの「発見」をしてくださいね。

お待ちしています。


by isumi-sato | 2018-04-08 17:15 | センターこぼれ話