千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

早起きした生きもの


2月24日、快晴。午前九時の気温は3.3℃、今朝の最低気温は-1.4℃でした。
昼間の最高気温は、14.7℃と10℃を超えました。
寒い数日が続きましたが、今日は風もなく昼間の日ざしは暖かさを感じました。


a0123836_17102077.jpg
万木堰は静かで、空は青く広がっています。相変わらず野鳥はほとんどいなくなっています。






a0123836_17102585.jpg
住み着いているカイツブリだけが水面を独占して浮かんでいました。





a0123836_17102818.jpg
堰の奥の日当たりのよい倒木の上には、2月上旬から日向ぼっこをしている生きものがいます。
ミシシッピアカミミガメのようです。この個体は、早起きなのでしょうか。寒いのに早くも冬眠から目覚めているようです。暖かい昼間は日なたで体を温め、寒い日は水面の下でじっとしているのでしょう。




a0123836_17103858.jpg
昼間はハス田の水も日に当たって少し暖かくなっています。水の中で小さな生きものたちが動くようすが観察できました。水生昆虫の仲間のようです。




湿性生態園の止水域では、トウキヨウサンショウウオの卵のうは相変わらず増えていませんでした。ニホンアカガエルの卵塊の数も増えていません。




a0123836_17104322.jpg
先日発見したフキノトウは、もうずいぶんと開いています。





a0123836_17104673.jpg
日当たりのよい斜面には、黄色い花が咲いていました。





a0123836_17105017.jpg
ガク片の突起ははっきりとみられませんが、これから開くのでしょうか? セイヨウタンポホのようです。





a0123836_17103406.jpg
また、小さな青い花も数多く日なたで観察できます。オオイヌノフグリがたくさん見られるようになりました。

ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-02-24 17:13 | いきもの