千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

穏やかな秋晴れ

11月2日(木)、午前9時の気温14.4℃、今朝の最低気温7.9℃、晴れ。すがすがしい朝の始まりでした。空は青く、朝つゆで、センター内は太陽の光に包まれました。雨が多かった今年の10月。11月は晴れの日が多いことを期待します。
a0123836_15373902.jpg
田んぼ周辺の風景。台風の塩害の影響も在りますが、だいぶ葉の色が変わりました。紅葉というより、全体的に黒っぽいですね。万木堰周辺は全体的に葉の色が黄色に変わってきました。



a0123836_15375684.jpg
デイキャンプ場から、万木堰へ続く山裾近くには今朝はイノシシの足跡が多く観察できました。昨日は気が付かなかったな-。



a0123836_15380983.jpg
センター建屋入り口前にある、昨日の朝に掲示板の裏で観察できたカマキリが今朝もまだくっついていました。カマキリの仲間の特長は、複眼が大きく三角形の頭を自由に動かします。お腹が大きいようです。メスなのかな?卵を産む準備でしょうか?オスとメスの区別の仕方は、大きさと触角の長さのだそうです。メスのほうがオスより大きく、メスの触角のほうがオスより短いなどの違いがあるそうです(インターネットによる)。オスとメスを見比べないと差はわからないですね。



a0123836_15382260.jpg
スイカズラの果実でしょうか?この時期よく観察できます。何年か前から気になっていましたが、よく見るとスイカズラの葉に似たつる性の茎に二つづつくっついていることに気が付き図鑑やインターネットで調べるとやはりスイカズラの果実のようでした。図鑑には熟した黒い果実しか載っていませんでしたので、熟す前の若い果実のようです。




a0123836_15385357.jpg
万木堰のセンダンの木のようす。葉はすべて落ち、果実だけが残っています。果実が残っているということは鳥が食べないということがわかりますね。センダンの果実はおいしくないのでしょうか?




a0123836_15390752.jpg
湿生生態園へ向かう林道にはフユイチゴでしょうか?太陽の光を浴びてキラキラ光輝いていました。もうこの時期になったか…。これから年末の向かってだんだん寒くなってくるのですね。






冬に向かって様々な植物の変化が観察できます。



by isumi-sato | 2017-11-02 16:45 | センターこぼれ話