千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

竹かご教室(3日目)

10月29日(日)、雨。午前9時の気温15.3℃。最低気温14.8℃。比較的暖かい朝を迎えました。
いすみ市在住の私ですが、昨日の夜中は強く降りつける雨の音で何回も目を覚ましました。台風22号の影響を受け、降り始めからの雨量は15時5分の時点で70㎜、16時には82㎜に達しました。55分間で12㎜降りました。不気味なほどの雨音を発しながら降り続く雨は少し異様な感じがします。竹かご教室開催予定期間4日間とも大雨に見舞われることは過去にはなかったことです。

a0123836_14424545.jpg
今日は竹かご教室3日目。大雨の中、朝早くから参加の方々が和室・工作室にいらしていました。皆さん本当に熱心ですね。昨日に引き続き六つ目編みのかごを作成。下図にひごを置きながら慎重に編んでゆく方や講師・経験者に質問する方、、。

a0123836_14425917.jpg
底となる部分を木製の補助具にあてはめながら、ひごを立ち上げ、少しづつかごらしい形へと近づいてきました。かごを編む姿勢は真剣そのものです。私が撮影していると「一緒に作らないの~?」というお声がかかりました。ひご作りは難しいと何回も聞いておりますので、私は皆さんの作品を拝見させていただくことだけに専念いたします。(汗)
a0123836_14432175.jpg
午後からは、皆さん縁巻きという工程に突入。幅の広い竹ひごを使います。縁巻きに使う竹ひごを作るのが難しんだそうです。水に浸し柔らかくした籐を巻いていきます。午後3時過ぎには講師の手助けを受けながら、ほとんどの参加者の方が六つ目編みのかごが完成しました。この写真は、講師の作成過程を撮影。
a0123836_14433775.jpg
講師の縁巻きの工程を、盗み取るように一生懸命見つめる参加者。

a0123836_15474451.jpg
参加者のかごの完成写真。自分が作った最初の竹かごは世界でたった一つの宝物となるでしょう。




a0123836_14442075.jpg
さて、外は大雨。小ぶりの時間帯をねらって、湿生生態園のようすを見に行きました。先週の22日ほどのひどさではありませんが、敷地内の水路の水は勢いよく流れています。万木堰を見に向かうと、カモが私の気配を感じてか、「クワ―カッカ~」と必死に逃げていきます。「ふん。そんなに逃げなくてもいいのに!何もしないわよ!」という気持ちになります。

a0123836_14444370.jpg
木製デッキの上にまでは達していませんが、これは14時過ぎに撮影。その後15時30分位にはどしゃ降りな雨が降りましたので、16時頃には木製デッキ上にも達していたかもしれません。
a0123836_14450240.jpg
ワレモコウの時期も終わりのようです。雨に打たれて倒れてきてしまいました。

a0123836_14451730.jpg
湿生生態園のセイダカアワダチソウも、倒れてしまいました。



a0123836_14453739.jpg
デイキャンプ場では、ミカンの木に果実がなり始めました。果実がなり始めたのはいいのですが、ブログでも何度か取り上げたナガサキアゲハの幼虫の姿が見当たりません。先週、今週と大雨が続き、心配で仕方なく、今日は一生懸命姿を探しました。もうさなぎになっているはずです。
a0123836_14455798.jpg
よく見ると、さなぎのような形をしているものを発見。色も木の色そっくりです。ナガサキアゲハさなぎでしょうか?だったらうれしいな。観察する楽しみが増えました。雨ニモ負ケズ立派なアゲハチョウになるんだよ~。





4時前には六つ目編みのかごを完成された参加者の皆さんが、大事そうに今日完成したかごをもって帰られました。帰る時間16時ごろは雨足の強さもだんだんと増してきたようです。

皆さんお気を付けてご帰宅くださいね。



竹かご教室(入門)4日目は、11月11日(土)です。


参加者のみなさん、お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-10-29 16:45 | 行事報告