千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

九月も最後、秋らしいものがたくさん


9月30日、曇のち晴れ。午前九時の気温は21.1℃、今朝の最低気温は15.0℃でした。
最高気温は24.3℃と、日中は暖かくなりました。



a0123836_17532464.jpg
大雨の後、堰の水位は、少し下がりましたが今日も余水ばきから排水路へと水が流れ続けています。
ホタルの水路では、生きものたちにはちょうどよいくらいの水が流れ続けています。
センター建物床で先日水が侵入した箇所は、水けをふいて扇風機で風を送り続けて乾かしています。



a0123836_17594662.jpg
湿性生態園のデッキ下は、すぐに水面です。
このデッキにコケがついています。雰囲気は悪くはないのですが、コケをとってみるとデッキ板は傷んでいることがわかりました。




a0123836_17573703.jpg
そこで今日は、このコケの除去を行いました。
乾いてくれて板が長持ちしてくれるとよいのですが、、。




湿性生態園では、いろいろな花が咲き始めています。

a0123836_17574247.jpg
アキノウナギツカミも拡大してみると、大変かわいらしい花です。







a0123836_17574643.jpg
白い小さな花も目立ち始めました。ヨメナです。






a0123836_17575178.jpg
オオオナモミの実も大きく育ってきました。その特徴、先端のトゲが少し内側に曲がってきています。





a0123836_17575698.jpg
湿性生態園少し先の林道沿いでは、先日紹介したホトトギスがいよいよ複数開花をはじめています。







a0123836_17580187.jpg
ホテイチク林では、非常にたくさんのオオアオイトトンボたちが連結して飛び交っている姿に出会うことができました。100以上、全体では200から300いるかもしれません。
木に産卵するといいます。春に孵化して水の中に入るとか。おもしろいですね。



a0123836_17580601.jpg
堰の手すりには、赤トンボたちが見られます。ノシメトンボが赤くなったトンボが最も多くみられるのですが、ナツアカネかアキアカネも見られました(この写真では断定できませんね)。アキアカネは、暑い夏の間は気温の低い高山で避暑生活をして、涼しくなった秋に里へと下りてきて産卵します。





a0123836_17581563.jpg
林道では、アケビの実がたくさん落ち始めました。
頭上の実は、まだ割れているものは見当たりません。



散策によい季節となりました。
ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-09-30 18:02 | いきもの