千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

山の日ですね。季節は動いています。

8月12日、雨のち曇。午前九時の気温は22.8℃、今朝の最低気温は21.6℃でした。
今日も陽がささず気温は上がらず、最高気温は予報を下回る25.9℃でした。
7月の海の日に続いて8月の山の日ですが、まだあまりなじみがありません。お盆が長くなる休日という実感のほうがみなさん強いのではないでしょうか。



 
a0123836_17534081.jpg
ハス田では、雨滴のついたハスの花が観察できました。涼しげです。



a0123836_17534928.jpg
成熟中のハスの実(花床)にも露がついています。



a0123836_17535466.jpg
田んぼのまわりでは、同じく雨滴のついたヒルガオも見えました。

当センターでも、特に山とはかかわりはなく、お盆の休日で来館される方が多くいらっしゃいました。きのうでスペシャルメニューは終了したので、今日はザリガニ釣りに精を出される親子が多く見受けられました。暑くないので遊びやすくはありましたが、残念ながら当のザリガニはあまりエサの食いがよろしくはなかったようです。
 ちなみに、アメリカザリガニは、昭和の初めに日本に持ち込まれた外来種です。日本の環境になじんで本州より南の各地に大量に増えてしまいました。そのため在来の生きものたちをかなり圧迫しています。また同時に水田耕作にとっては、苗を切ったり、穴を掘って水が抜ける原因を作ったりと好ましくない生きものです。というお話を、ザリガニ釣りをして持って帰りたいという方にすると、みなさん一様に「へぇー、そうなんだ」と納得されるようです。




a0123836_17535869.jpg
センターの畑では、同じ作物ですが、白い花と赤い花が見られます。
ワタの花です。




a0123836_17540343.jpg
また、ナタマメの実も大きくなってきました。20cmを超えてその名のとおり、ナタのようなしっかりとしたサヤが見えています。ナタマメ、漢方薬や健康食品、お茶、福神漬けとしてもなかなか人気があるとのことです。



a0123836_17540797.jpg
小水路の水の出発点となっている池のほとりでは、小さなピンクの花が咲き始めました。



a0123836_17541228.jpg
そこに小さな黄色いチョウがひらひらと飛び、とまりました。
ハギの花にキタキチョウのようです。



a0123836_17541940.jpg
昆虫広場にとまったトンボ、ノシメトンボも少し赤くなってきたようです。



ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-08-12 17:56 | しょくぶつ