千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ツクシやオオイヌノフグリがたくさんです

3月12日、晴れ。午前九時の気温は7.6℃、今朝の最低気温は0.0℃でした。

今日はいつもと異なり、夕方の写真からスタートです。


a0123836_17342492.jpg
春分の日も近くなり、日の長さが伸びました。
五時過ぎでも東側の斜面に日が照っています。
今日も一日、空気は冷たく感じました。


a0123836_17344820.jpg
しかし中庭のハクモクレンですが、夕方には全体に蕾の先の方が白くなってきています。




a0123836_1735386.jpg
玄関前、駐車場に面したハクモクレンのひとつは、白い花の先端がのぞき始めました。





a0123836_17361878.jpg
草地をよく観察してみました。ツクシを発見できる目を養うと、、。


a0123836_1737563.jpg
たくさんのツクシたちが伸び始めている姿を発見できます。ご存知の通りツクシは胞子を飛ばすための器官です。すぐそばには、植物本体のスギナも2cmくらいに伸び出しています。



そして、青い可憐な花を咲かせているオオイヌノフグリの根元の方をよく観察すると、、。


a0123836_1737261.jpg
もう花が終わった部分には、その植物名の由来を観察することができます。





by isumi-sato | 2017-03-12 17:41 | しょくぶつ