人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

6月の風物詩  ~麦刈り~

6月2日午前9時の気温は22.0℃、湿度は47%。雲一つ無い快晴の天気でした。日中の最高気温は25℃を記録し夏日でした。きょうは、昨年の秋に播種した、小麦の刈り取り作業を行いました。いまでは麦の栽培はあまり見かけることがすくなってきた昨今ですが、栽培が最盛期のころは、ちょうど麦刈りで忙しい時期でした。

今日の作業
a0123836_15284675.jpg
鎌を使っての刈り取り作業です。片手で持てる程度の小麦の茎をもち、鎌を手前に引きながら
刈り取っていきます。


a0123836_15324495.jpg
刈り取りをした小麦を、藁で根本を縛りながら進んでいきます。


a0123836_15550433.jpg
おだに掛けてている作業風景です。昨今の気温の上昇や風の影響で、早く乾燥するかもしれません。

今後の作業

a0123836_15550457.jpg
今でも現役で使用しているセンターにある足踏み脱穀機です。昔、農家で実際に使用していたものです。おだで乾燥した小麦を、後ほどこの機械で脱穀していきます。


a0123836_15550405.jpg
更に乾燥させるために、この莚(むしろ)で天日干し(自然乾燥)して小麦の乾燥調製が終了します。この農具類は、今では一般的には見かけることはあまりありませんが、センターでは貴重な戦力ですよ。



来館者に野菜のプレゼント

a0123836_15550450.jpg
今日は来館者の方々に、センターで栽培した新鮮な取り立ての玉ねぎを家族単位で差し上げました。
デイキャンプに来られていた家族のグループもお持ち帰りです。夕方にはきれいになくなっていました。

残念ながら、午前中に募集した玉ねぎの収穫体験には誰も参加しませんでした。額に汗するのはちょっと・・・かな。

次回は未定です。玉ねぎ畑はクリーニング終了、次の展示栽培に向けて、また耕します。

ご来館の折には畑の様子も見てくださいね。


by isumi-sato | 2017-06-03 17:15 | 作業風景