人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

米作り6・お飾りを作ろうA~鳥居形~

12月23日(金)、午前9時の気温17.8℃、朝からとても暖かく「今日はほんとに12月!?」
と思うほどの温かさでした。


a0123836_1525305.jpg
今日は「米作り6・お飾りを作ろうA~鳥居型~」と開催いたしました。14名の参加がありました。まずは解説です。鳥居型のお飾りで使うワラの本数は220本。講師である職員が「220本のワラをわらすぐり(ワラの余分な葉の部分を落とし、ワラの茎だけを残しきれいにしてゆくこと)をしてもらいます。」といったとたん「えーっ220本も?」というようなざわめきが少し起こりました。

a0123836_15254479.jpg
中庭に出て、わらすぐりの開始。リアカーの内側にワラをたたきつけたり、手串で余分な葉の部分をとっていき、きれいな一本のワラにしていきます。わらすぐりをしながら、ワラ20本の束を2束、ワラ15本の束を12束を輪ゴムでまとめておきます。

a0123836_15261666.jpg
わらすぐりが終わったら、ワラ15本×12束のワラを藁打ち機を使って柔らかくしていきます。

a0123836_15263151.jpg
その後、館内工作室へ戻り作成開始です。まずワラ20本×2束のワラを写真のように茎の部分が真ん中、穂の部分が外側へ来るように束ねていきます。



a0123836_15264868.jpg
穂の部分を切って茎の部分だけ残します。これがお飾りの芯となります。

a0123836_15271237.jpg
柔らかくしたワラ15×12束のワラを先ほど作った芯にまきつけていきます。
中心から左に向かって1束づつ合計で6束を写真のように縛っていき、次に中心から右に向かって穂を外側に向けて同じく1束づつ合計で6束縛っていきます。この時に力を入れて強めに縛っていかないときれいに仕上がりません。


a0123836_15274196.jpg
すべてのワラを縛り終わったら、センター自前の細縄を使って崩れないよう端を縛っていきます。

a0123836_1528688.jpg
講師に何回も聞きながら完成させる方、簡単に完成できる方。それぞれですが、参加された方皆さん一生懸命でワラを縛る音だけが工作室に響きました。

a0123836_15282142.jpg
これは講師が作った鳥居形のお飾りです。完成はこのようになります。ゆずり葉、橙、ウラジロは今日は飾り付けず参加者にお渡ししました。29日か30日にゆずり葉、橙、ウラジロを付けて玄関に飾るように伝えました。


アンケートでは「とても親切な指導でした。」「来年も参加します。」「これからも続けてください。」という感想をいただきました。




a0123836_15292218.jpg
お飾り作りが順調に進んでいる最中、職員がイノシシによって荒らされた散策路の水路をきれいに作り直しました。これはイノシシに荒らされた後の様子です。ひどいですね。

a0123836_15293537.jpg
これは上の写真よりも少し手前から撮ったのですが、きれいになりました。もうイノシシに荒らされたくありませんが、センター西側には電柵は引いていませんので‥‥。


困ったもんです。


館内の管理をし皆様のお越しをお待ちしております。








by isumi-sato | 2016-12-23 17:15 | センターこぼれ話