人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

暖かな11月13日、日曜日です


11月13日、快晴。午前九時の気温は11.7℃、今朝の最低気温は4.7℃でした。
朝から空気が暖かく、昼過ぎには気温が18℃まで上昇しました。日なたで動くと汗をかきま
した。
a0123836_17103245.jpg
一日、雲のない青空が広がりました。


a0123836_1710514.jpg
いすみ楊枝の方々が朝から集まり、今日は月に一度の活動日です。
今日は、利休バシ、蓋、投げ入れなどを作っておられました。


お遊びでおもしろいものを作ったと見せていただきました。
a0123836_17111189.jpg
少し納得がいかない投げ入れが鳥の巣のようなので、余った材料でスズメを作って
とまらせてみたといいます。羽は、ススダケが材料です。頭はホテイチクの根が太い部分を丸く削ったと聞きました。



先日白く塗装した百葉箱に生きものたちの跡がついています。


a0123836_17114579.jpg
黒い8ミリ程の細長いもの。何かわかるでしょうか?


a0123836_17122243.jpg
7月に撮影した証拠写真です。ニホンアマガエルがひんぱんに百葉箱にくっついていました。
きのう暖かかったので、百葉箱のまわりにくっついてウロウロしたようです。
この黒いものは、ニホンアマガエルの糞でした。



さらに朝、冷えた体を朝日に当てて体温をあげている昆虫が屋根についてしました。
a0123836_17131248.jpg
キイロスズメバチのようですが、しばらくは動きが悪く体の色も黒っぽくなっていました。
やがて今シーズンの活動を終わる運命のようです。


a0123836_17133828.jpg
日中の林道を歩くと、日なたをイトトンボが飛んで、ササにとまりました。
オツネントンボのようです。


a0123836_17135870.jpg
拡大してよく見てみると、昆虫を捕まえて食事中のようです。
冬を越す昆虫、さすがにたくましいトンボですね。



a0123836_17151738.jpg
ちなみに、10月下旬に撮影したイトトンボ、アオイトトンボです。
羽を半開きでとまっています。このとまり方は、アオイトトンボの仲間の特徴だといいます。


a0123836_17155665.jpg
トネアザミには、キチョウ、タテハチョウがよく観察できますが、今日はセセリチョウの仲間(オオチャバネセセリでしょうか)がとまっています。花が少なくなるこの時期、アザミは昆虫たちにとっては貴重な食料を提供する蜜源になっているようです。



イノシシが園内ところかまわず掘り荒らす範囲をひろげています。
a0123836_17165373.jpg


a0123836_17162979.jpg
今日は、ささやかな抵抗として、ハバネロというトウガラシの何百倍かの辛さがあるという実を刻んで、数カ所にまいてみました。どんな効果があるのやら?

刻んだ後手を洗ったのですが、うかつにも目をこすってしまい、しばらく眉毛のまわりがヒリヒリしています。




by isumi-sato | 2016-11-13 17:16 | センターこぼれ話