人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

昔の農機具 ~今でも現役で活躍~

10月16日午前9時の気温16、6℃湿度79%天気曇りの気象でしたが、日中には陽もさし加えて微風のため大変すごしやすい一日でした。
センターには昔の農機具が展示されています。実際に使っていた物で近隣の農家の方々からいただいたものです。その一部は今でもセンター行事等に使用しています。

●足踏み縄ない機

昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_10173877.jpg

足踏み式縄ない機です。センターでは太縄(ふとなわ)用と細縄(ほそなわ)用縄ない機が各1台保有しています。この縄ない機は太縄用で双方の藁の差し込み口にそれぞれ藁3~4本入れて縄ができていきます。ちなみに細縄は双方に1本ずつ入れていきます。
昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_1029044.jpg

実際に縄をなっている作業状況です。両足で左右交互に踏み台を踏み、たいこ(出来た縄を巻き取るところ)におさまっていきます。
昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_10395282.jpg

この太縄は各種のセンター行事等の際に使用しています。
以下はこの太縄を実際に使用している事例です。
昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_10511047.jpg

センター行事 米作り6・7おかざりを作ろうの材料の藁で、太縄で束ねる際に使用しています。
昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_1103248.jpg

センター行事 米作り5もちつきをしよう。 刈り取った稲を自然乾燥のため「おだかけ」を作る際に、この太縄で竹どうしをむすぶために使います。台風に遭遇してもこのようにしっかりと太縄は「おだがけ」を支えています。丈夫で使いかってが良くまたその役目が終われば腐食して堆肥としても活用できます。


●縄ない機械の体験学習
昔の農機具 ~今でも現役で活躍~_a0123836_11203186.jpg

古い農機具の足踏み縄ない機は、次のような形でも利用しています。小学生の皆さんが見学に訪れ、実際に縄ない機を使いながら縄ないの体験をしていただいています。始めて体験する縄ない機に大変興味をもっています。

小屋の中に眠っていたかもしれない昔使った農機具が、現役で現在でもこのように活用しています。機械の能力にはただ関心の一語です。優れものの機械には間違いないですね。これからも長く現役で、、、願わずにはいられませんね。ただ修理部品等の調達ができるか心配の部分がありますが、、、
by isumi-sato | 2016-10-16 17:00 | センターこぼれ話