人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タマゴ、ときどきキャベツ?

10月23日(金)、午前9時の気温18.0℃、朝方は日差しがあり、暖かな一日の始まりでしたが、午後にからは、曇ってきて、少し肌寒くなりました。

a0123836_13531241.jpg
毎日気象観測を記録する「観測野帳」(百葉箱に設置した温度計や自記気象計、気圧計。その他に雨量計と、風力と風向を自動で記録する機械を見て記録。雲のようす、天気は目視で観察して記録)。毎朝百葉箱に行くと色々な生き物が出迎えてくれます。一番多いのがニホンアマガエル。今朝はその「観測野帳」に飛びついてきました。見て下さい。この左手‼しっかりと押さえています。まるで子供の手のようです。

センターでは毎日さまざまな生き物を観察できます。


a0123836_13572055.jpg
これはハラビロカマキリの卵のうです。高い木の枝によく産み付けられている様ですが、倉庫の壁面に産み付けられていました。

a0123836_13574229.jpg
こちらはコカマキリの卵のうのようです。板の様な平らな場所でよく見られるようですが、倉庫の柱に産み付けられていました。
昨年は、百葉箱の中にも産み付けられていました。

卵のうの、かたまった泡の中には空気が詰まっています。この泡の弾力(弾む力)のおかげで風がふいて草や木が卵のうにぶつかっても中の卵は傷つきません。また、泡の中の空気は冬の冷たい外の空気をさえぎる役目をしているので、卵のうが凍ることがないそうです。

a0123836_141249.jpg
畑では、職員がキャベツの苗を25株を畑栽培観察用として植えました。収穫が楽しみです。

いろいろなタマゴ?からキャベツまで観察できるセンターへ遊びに来てくださいね。
by isumi-sato | 2015-10-23 13:55 | センターこぼれ話