千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

たのしい自然観察

10月11日(日)、午前9時の気温17.0℃、最低気温も15.2℃と10℃を下回りませんでした。朝方雨が降りましたが開館後にすぐに止み、過ごしやすい日曜日となりました。

a0123836_14551928.jpg
昆虫広場では、雨の水滴がチカラシバに残り、幻想的な風景を作りだしました。チカラシバはイネ科の植物で花序には剛毛の生えた小穂が多数付き、円柱形のブラシのようです。根がしっかりと張っていて、抜こうとしてもなかなか抜けない事から「チカラシバ」名付けられたそうです。

a0123836_1534294.jpg
田んぼでは二番穂が頭(コウベ)を垂れてきました。稲刈りからもう一か月以上経ちましたね。今年の稲刈り前は残暑という言葉はあまり耳にせず、雨ばかり降っていました。あっという間に秋が来たように感じます。

a0123836_1555655.jpg
ハス田の脇にあるオニグルミの実がまだ青いまま、地に落ちていました。4日前の強風で落ちたのでしょうか?日本原産のクルミとしては唯一食用になる物だそうです。実から種子を取り出し、その中のかたいカラを割ると中に食べる事の出来るクルミが入っています。

a0123836_15152597.jpg
カキの葉が赤く染まり、秋の到来を告げています。この葉にもビタミンCが豊富なため乾燥させてお茶にしてのむこともできるそうです。

a0123836_1526664.jpg
中庭の南側をむいたベンチの後ろに、モグラが通った後が長く浮き上がっていました。何か見つけたのでしょうか?

センターをフィールドにして自然観察をしてみてはいかがですか?様々な発見ができますよ‼ほぼ毎日通勤している私でさえ毎日が発見の連続。

ご家族で、お友達でお越しください。お待ちしております。
by isumi-sato | 2015-10-11 14:56 | しょくぶつ