人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

秋をいっぱい見つけました!!

10月1日(木)、午前9時の気温18.0℃。いよいよ10月、センターの秋も深まってきました。今日は近隣の小学校3年生35人がセンターへ校外学習に来てくれました。

秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_1525650.jpg
2班に分かれて、古民具・古農具の説明と自然観察を行いました。こちらは古民具・古農具の説明の様子です。まず昔の農家の方々が使っていた、千歯こき(台木の上に鉄(竹)製の歯を櫛状に並べてさしてあり、この歯と歯の間に稲の束を通して抜いて実を取る機械)と足踏脱穀機(鉄製のドラムに逆V字型の歯(太い針金状)がさしてあり、このドラムを片足で回転させ、稲を歯にあてて脱穀する機械)を体験しました。足踏脱穀機のドラムが回転するとみんな驚きの声。「やりたい人‼」と聞くとみんな元気に「はいはいはい」と元気よく手を上げてくれました。


秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_16252181.jpg
次は唐箕(風の力で穀物を良い実(一番ともいう)と悪い実(二番ともいう)とゴミにより分ける機械)の仕組みを説明しました。唐箕のハンドルを回すと風が吹く仕組みになっています。


秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_15215939.jpg
センター内に入って展示してある古民具の説明をしました。おひつ(炊いたお米を保存しておくもの)、鏝(こて)((裁縫や手芸で用いるアイロン))、わら草履を編む道具など今ではあまり見ることのできない道具の説明をしました。

秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_15225380.jpg
センターの外では秋を見つけに田んぼの脇から昆虫広場、畑、万木堰を観察しました。コブシの木の実やヨシ、ススキ、ネムノキ、クワの木、の説明をしました。昔はクワの実は学校帰りのおやつになっていたようです。クワの実は甘かったのですが、食べると歯が黒くなるので、すぐにばれてしまったようです。それに、服に果汁が付いてしまうと洗っても色が落ちずに、親に怒られた経験を持つ人もいるでしょう。


秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_15242241.jpg
クリの木の下では、みんながクリの実を見つけて大喜び!! 「みんなクリ食べた?」と聞くと、元気よく「食べた~‼」 返事が返ってきました。


秋をいっぱい見つけました!!_a0123836_16271956.jpg
たのしいお昼の時間が終わると、自由時間です。ベイゴマを楽しんだり、コンピュータークイズ、中庭で竹とんぼと、先生と一緒に楽しんでいました。みんな仲がいいんですね。


今度はお父さん、お母さん、家族みんなで遊びに来てくださいね。お待ちしていますよ。
by isumi-sato | 2015-10-01 17:18 | グループ・学校利用