人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

雨続き /イノシシ穴 /海辺の植物観察下見

7月7日、雨のち曇。午前九時の気温は20.6℃、今朝の最低気温は18.0℃でした。
一週間以上雨が降り続き、湿度は90%を超えています。この前に晴れたのは、6月28日でした。

a0123836_16241755.jpg

ハスの花が毎日咲いています。鑑賞には、花が開いている朝の方がお勧めです。

a0123836_16254040.jpg

ハスに限っては、空から落ちてくる雨粒と共に蕾、花、葉っぱに水滴がついているようすが、この時期らしくてぴったりと似合います。

a0123836_16262356.jpg

a0123836_1637418.jpg

10を超えるハスの花が咲き始めると、花びらの色や形の違うものが交じっていることに気が付くようになります。植えた当初は各品種がはっきりしていました。残念ながら現在は、十数年の間に各品種の交雑が進んでしまった結果、花に対して品種名がぴったりと当てはまらない状態になっています。

[そのわけは、、、]
昆虫が花にもぐり、花から花へと花粉を運んで種ができます。新しくできた種から生えてくる芽をすべて排除しない限り、品種の純潔が守れないわけです。ハス田の泥の中に落ちた種から出る芽をすべて排除することは、現実的には不可能だからです。残念ですが、、。


a0123836_16275952.jpg

降り続く雨のため、万木堰は満水状態です。


a0123836_16282652.jpg
オーバーフローした水が排水路へと流れ続けています。当センター中央を流れる水路から、水音が威勢よく聞こえています。水の下の水生昆虫、小魚、川エビ、ザリガニたちは、流されないように護岸や小石のすきまに、じっと身を隠していることでしょう。
なお昨年は、降り続いた雨のため、水を含んだ山の斜面から土砂と樹木が崩れ落ちました。今年は今のところ、そのようなことは起こっていません。



休日明けに見回ると、
a0123836_16285254.jpg
畑の段になっている斜面


a0123836_16291794.jpg
堰の下の排水路の両脇に、大きな掘り跡が発見されました。この写真の右も左も穴です。
イノシシ君が、土の下のミミズやら昆虫やらを探し回ったもようです。
新しい堀穴は、三カ所ほどありました。昨年おととしは、昆虫広場にだいぶ穴をあけられました。
田んぼのまわりは、今のところ電気柵の効果で、無事です。


7月18日に予定されている「海辺の植物観察」の下見に行ってきました。
a0123836_16323432.jpg
海岸は、波と潮風でマイナスイオンがいっぱいでした。左が太平洋、右が夷隅川河口の干潟です。
海浜植物群落地のスカシユリは、たくさん咲いていました。

a0123836_16325542.jpg

砂の中から点々と姿を表している植物、何かわかりますか。たくさんの海岸の植物に出会えます。ただ今、申込受付中です。どうぞご参加ください。
by isumi-sato | 2015-07-07 17:20