人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ウツギ、オオヨシキリ / 水路の補修

5月24日、曇り。午前九時の気温は20.1℃、今朝の最低気温は18.0℃でした。
午前中は、雨の予報が出ていましたが、ポツリとする瞬間がありましたが、雨が落ちることはなく、午後は薄日がさすくらいの天候になりました。
本日予定の観察会は、きのうの夕方に取りやめの決定をしましたが、やればできていたという結果となり、大変残念です。しかし、現地に行って雨と横風で濡れてしまい早々に引き揚げざるを得なかったことを考えれば、結果論ですがいたしかたありません。


a0123836_17391690.jpg

当センター建物裏の小水路では、ハナショウブの花が咲き始めました。

a0123836_17394567.jpg

a0123836_1740446.jpg

また、敷地ぞいの林道斜面では、ウツギがいたるところで花を開いて満開になっています。


オオヨシキリの鳴き声が、一日中響いています。
休館日翌日の19日に今年初めての鳴き声を確認しました。
それから三日後の22日には、二羽の鳴き声が聞き取れました。
a0123836_1685386.jpg


昨年の初鳴きは5月20日、一昨年は5月28日だけど、まあ、この時期になればにぎやかになります。
今日も元気なオオヨシキリ君。ヨシキリという名前だけれど、センターではなぜかネムノキが好き。
今年の冬は、アシをすべて刈り取ったのでまだ十分に丈が伸びていないせいもあります。
さらに五日後の今日、24日には、三羽の鳴き声が聞こえるようになりました。
a0123836_17434350.jpg

昨年同様、三羽の声が、昆虫広場や田んぼのまわりで聞こえています。
鳴き声からいる場所を見つけることは、慣れないとはじめはむずかしいのですが、
しばらく観察していると、オオヨシキリが飛び立って移動しますので、その行先を目で追うことで簡単に停まっている場所を確認できます。
ギョギョシ、ギョギョシ、ケケケケケー

---------------------------------

湿性生態園で再び、水路の水がデッキの真下を流れるようになってしまいました。
ここ二、三年ですでに7、8回は、流路の修正を行っていますが、大雨が降ったり、ザリガニが掘ったりで、流路がデッキの真下に戻ってしまいます。
そこで今日は、しっかり修正をすることにしました。


U型溝を3本購入してきました。
これでデッキの真下の流路を確保することにしました。

いつも通り、まずデッキの板をはがします。
a0123836_17441416.jpg

U型溝をデッキの真下に設置しました。
a0123836_17444131.jpg

また、上流側の入口もわきに流れないように、板を設置して流路の誘導を行いました。イネの苗箱と土のうを使いました。
以前は、田んぼのあぜシート、ブロック、土のうを使っていたのですが、いつの間にか、ザリガニなのでしょう穴をあけられてしまい、水が抜ける場所ができて流路が戻ってしまいました。

a0123836_1744588.jpg

デッキ板を元に戻して、流路修正工事終了です。
これでしばらくは、大丈夫だと思います。
by isumi-sato | 2015-05-24 17:47