千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

校外学習のこどもたちが来ました / サツマイモを植えました

5月19日(火)、午前9時の気温22.5℃、午前中は一時雨が降ったりやんだりでしたが、やがて止みました。気温湿度共に高く、朝から蒸し暑い一日です。

a0123836_1311364.jpg
雲が多くどんよりした雲が広がっています。

a0123836_13115959.jpg
いすみ市内の小学校の3年生22人の皆さんが、センターへ校外学習のため来館されました。まずはジオラマを見て自分の住んでいるいすみ周辺の地形を学びました。夷隅川や地形、田んぼやいろいろな土地利用など、改めて見てみると知らなかったことがいっぱいです。

a0123836_1322357.jpg
国指定天然記念物「ミヤコタナゴ」を見学しました。ミヤコタナゴは日本の関東地方の限られた場所にだけに生息するコイ科の淡水魚です。国内希少野生動植物種(絶滅危惧種)に指定されています。

a0123836_13403978.jpg
赤みを帯びて尾びれが黒いのがオス、下にいるのがメスで産卵管が伸びています。二枚貝の中に卵を産み卵は貝に守られ稚魚になります。二枚貝は魚が生活するよりもきれいな水がある環境の中で生きていく生きものなので、二枚貝の生息している所でないとミヤコタナゴは子孫を残せません。みんな生き物はつながりをもって生きているという事を学びました。

a0123836_1348994.jpg
次は展示しているはく製の見学です。タヌキはイヌ科ですと聞てみんな驚いていました。アライグマ、キョン、ハクビシンのはく製を見てみんな興味津々です。タヌキは在来種、アライグマ、キョン、ハクビシンは外来種です。少し難しいですが、興味を持ってくれると嬉しいです。

いすみにだけ生育している地域固有の植物「イスミスズカケ」についても観察して、その発見の話なども聞きました。

a0123836_142680.jpg
最後はセンターの田んぼを見学しました。ザリガニやオタマジャクシを見つけてみんな嬉しそう。カエルになったばかりのニホンアカガエルを見て驚いている生徒さんもいました。自然に興味を持って生き物を大事にして下さいね。

いつでもセンターの仲間たちに会いに来てくださいね。
今度はお父さん、お母さんと一緒に来てくれると嬉しいです。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 畑の作業です。
 サツマイの苗を植えました。品種は、ベニアズマです。特徴は、皮の色は少し紫かかった濃い赤色、果肉の色が黄色く粉質で、繊維が少なく蒸したり焼くとホクホクとネットリの中間タイプのサツマイです。甘みもあり人気の品種です。収穫後2か月ほど貯蔵した方が糖質に変わり甘みが出て美味しくなります。
前もって(5月14日)肥料、苦土石灰、およびマルチ張りをしました。
a0123836_14412526.jpg

肥料は少なめで窒素分の少ない化成肥料です。土壌を中和するために併せて苦土石灰も散布しました。
a0123836_14465813.jpg

マルチを張る前の準備で畝上げ作業です。マルチの幅は95㎝で、畝幅は75㎝ほどです。
a0123836_14502413.jpg

緩みが無いように全体を強く張り、両脇に砂を掛けて転圧しますと草が生えにくくなり、地温が上がる等の効果が期待できます。
a0123836_14533489.jpg

食味の良いベニアズマ150本です.
a0123836_1573461.jpg

苗と苗の間隔は30㎝ほどで、竹の棒で穴を開けて苗を植えます。植えた後は、マルチの上から土を寄せます。
a0123836_15183498.jpg

活着を良くすために、水を注ぎます。

植え付けたサツマイモは、9月27日(日)開催のセンター行事「いも掘り・焼きいもにチャレンジ」に使用します。
センターの畑でイモを掘って焼き芋をしませんか。7月1日(水)9:00より受付開始します。申込みをお待ちしています。
by isumi-sato | 2015-05-19 18:05 | グループ・学校利用