人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

田んぼ揚水と春の草木

午前9時、曇り、気温17℃、東南東の風1.5m、暖かい朝となった。天気は下り気味の様子、桜も満開となったばかり、あと数日良い天気であってほしいものです。

4月に入り、センター周辺では農作業も忙しくなってきました。今月の半ばころから田植えが始まります。今は田植え前の田作りが盛んに行われています。
田んぼ作業には水がなくてはなりません。センター周辺の田んぼの水源は、夷隅川と万木堰が主となっています。

a0123836_1595837.jpg

万木堰は満水の状態です。


a0123836_1511023.jpg

堰の取水口からは朝から多量の水が落水しています。


a0123836_15203971.jpg

水は水路を下流へと流れます。


a0123836_15223726.jpg

水がほしい耕作者は、田んぼの水入れ口付近に白旗を立てます。担当水番は水入れ口の蓋を開けて水を入れます。水番以外は勝手に水を入れることはできません。「我田引水」はだめです。



a0123836_1523195.jpg

センターの田んぼは満水状態です。あと施肥を行い植え代かきを行うだけとなっています。



a0123836_15241735.jpg

クロモジ(黒文字)の花が満開となっていました。クロモジは楊枝の木です。




a0123836_15253974.jpg
タラの芽です。ようやく膨らんできました。



a0123836_1526250.jpg

これは困りました。何本かこのような状態となっています。センターのものは、食べるためのものではなく観賞用です。ご理解をお願いします。


a0123836_15264762.jpg

梅の実も徐々に大きくなってきました。今年は強く剪定しました。収穫量への影響は?

ご来訪お待ちしています。
by isumi-sato | 2015-04-01 15:16 | センターこぼれ話