人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

今日のセンター

日曜日から暖かい日が続いています。
今日の天気は一日どんより曇っていましたが、巡回中上着も必要無い程暖かい日でした。


空は曇っているものの、ぬくぬくした気分で外を歩いているとニホンアマガエルの「クワックワッ」という声が早くも聞こえてきました。
以前取り上げた“ウロガエル”の家(うろ)を覗くと、こちらを見つめる目と目が合いましたよ。
そろそろカエル達も活動を始めるようです。
a0123836_16102993.jpg

また、地面にはヨモギの若葉が目立つようになりました。
“餅草”とも呼ばれ、草餅を作る際に新芽を使います。
今は地面にはう様な小さな株ですが、秋に向けてどんどん草丈が伸び、大きい物では120㎝ぐらいにもなり、まるで別物のような姿になります。
新芽は餅草に、生長したものは葉の裏の毛だけを集めてお灸に使うにもぐさにしたり、お茶や入浴剤変わりにと、昔から利用されてきました。

ヨモギの若葉を観察していると、別の植物の上でチョコチョコ動き回るものがいました。
a0123836_162042100.jpg

瑠璃色の背中、コガタルリハムシです。
ちょうどお食事中で、大好きなギシギシの葉を食べています。
ギシギシの葉が大好きなため、ギシギシハムシなんて別名があるそうです。
よくみると、あちこちのギシギシで盛んにお食事中でしたが、ハムシは近づくとポロッとためらいも無く葉から落ちて逃げてしまうので、だいぶお食事を邪魔してしまったようです。

畑に咲いている食用菜花にもお客さんがたくさんやってきています。
a0123836_1626473.jpg

冬でも穏やかに晴れている日に、1,2匹姿を見る事が有りましたが、今日はブンブン飛び回る羽音がたくさん聞こえていました。
ミツバチ類やハナアブ類も「それっ!働くぞ~」と、巣から出てきたようです。


湿性生態園では、菜の花の様なミツバチの様な色をした鳥がさえずっていました。
a0123836_16462679.jpg

キセキレイです。
中庭や駐車場を歩き回るハクセキレイ、セグロセキレイと違って、センター近くで姿を観察できるのは、湿性性生態園が主です。
お腹の柔らかい黄色(レモンイエロー?)が特徴で、一目でキセキレイと分かります。

林道を歩いていると、“キョロ、キョ、キョロ”となんだか変な声が聞こえてきました。
はて・・・誰の声だろう?と、考えてハッと思い出しました。
ウグイスのさえずりです。
毎年「この変な声は何だ・・・?」と考えさせられてしまいます。
だって、鳴き始めは本当に奇天烈なんですもの。
きれいなさえずりが聞こえて来るのは、もう少し先のようです(練習してもらわないと~)。


カエルが鳴き、ウグイスがさえずる・・・春が来た~と、ウキウキしてしまいますが、油断大敵!
また気温がガクッと下がる予報が出ています。
まだ春本番では無いので、すぐ冬仕様に戻せる準備もしておかないとなりませんね。
by isumi-sato | 2015-02-24 17:19 | いきもの