人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

そば打ち体験行事

本日、「そば打ち体験」行事を開催いたしました。
大人14名の参加がありました。


当センターには大人数で使える調理室が有りません。
そのため、そば打ち行事だけは別の施設を借りて行っています。
ここ数年は予約が取れているので、岬公民館で行っています。

まずは講師が実演しているところをよく見てから、作業を始めました。
a0123836_16163089.jpg

今日の配合は七三ソバ、そば粉250g、強力粉100g、水175㏄で作りました。
そば粉と小麦粉をふるいにかけ、よく混ぜ合わせます。
そば粉の中にはソバの実の殻が入っていることもありますので、そういったゴミも取り除きます。
粉を合わせてから、水を半分入れて指を立てた状態で水と粉が合わさる様にかき混ぜます。
a0123836_16203133.jpg

「水回し」という工程で、ここで味が決まるという話もありました。
練らないように素早く混ぜていると、徐々に粉がまとまり粒状になってきます。
なかなか粒状にならないと焦る気持ちも出てきますが、講師から「そば粉の方から寄ってきます」との言葉が・・・
a0123836_1633620.jpg

全体が粒状になったら残した水を足して更に作業を続けると、粒が大きくなっています。
a0123836_1636147.jpg

ここまで来たら一まとめにします。
a0123836_16445955.jpg

ここからは生地をまとめて練り、続いて「菊練り」と呼ぶ生地のキズを無くす練り方を行います。
a0123836_164855.jpg

すると・・・
a0123836_16482276.jpg

講師いわく「竹の子型」になります。
傷一つ無い竹の子型を目指して皆さん作業を続けます。
a0123836_16502371.jpg

「どうしても竹の子にならない」、「キズが消えない」等々、上手くいかない人もおりましたが、講師の話しを改めて聞きながら、菊練りを終えました。

つづいて、生地を伸ばします。
まずは掌で円形に伸ばしていきます。
a0123836_16532663.jpg

初心者の方が作業につまずくと、熟練の方が手伝ってあげる場面もあちこちで見られました。
参加者同士が和気あいあいと協力しながら作業をしているの見ると、職員もたいへんうれしいです。
1㎝程度の暑さに伸ばしたら、麺棒で伸ばします。
a0123836_178549.jpg

最初は円形だったものが、伸ばす向きを変えて何度か伸ばすと・・・
a0123836_1791896.jpg

四角になります。
四角に伸ばしたら、折りたたんで切ります。
a0123836_17102892.jpg

好みもあるでしょうが、1mm程度の細さに切るのを目指します。
初心者の方は「ちょっと細すぎるかも・・・」と思うぐらいを目安に切ると良いそうです。
a0123836_17132528.jpg

こちらは講師の切ったものです。
流石の出来栄えです。

打ちたてはさっそくその場で茹でて試食しました。
a0123836_17152916.jpg

ゆで時間は2分を目安に行いました。
a0123836_1716473.jpg

皆さんご自分で打ったそばに、美味しい!と舌鼓を打っていました。
多少いびつでも自分で打ったぞと、いう気持ちは美味しさのスパイスになるようです。

ただし・・・講師が打ったそばを試食したら「全然違う!美味しい~!」と、違いを実感してしまったようです。
今日覚えたことを忘れ無い内にもう一度打つと、より身に着くそうなので、皆さんもぜひ近日中に打ってモノにしてくださいね~。
by isumi-sato | 2015-02-21 17:22 | 行事報告