千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

シュレッダー始動

昨日、今日と大変冷え込んでいます。
9時の気温は-1℃、最低気温も-3.5℃でした。


朝は冷え込んでいましたが、日が昇るとポカポカ陽気になりました。
畑でもオオイヌノフグリがたくさん咲いていました。
a0123836_1657453.jpg

作業中の職員は暑くて汗をかいたと、上着を脱いでいました。
なんの作業をしたかというと・・・
a0123836_16583153.jpg

こちら、剪定した畑の紅梅です。
この枝を、シュレッダーを使って細かくしたのです。
a0123836_16591537.jpg

写真、緑色のものが「シュレッダー」で、枝を入れると細かく粉砕された材が、前から飛びだしてきます。
a0123836_1731869.jpg

ガソリンで動くエンジン音がかなり大きいのに加え、木材を粉砕する時には更に大きな音を立てていました。
ちなみに、写真撮影上カバーを外していますが、この状態ですと粉砕された材が四方八方に飛び散ってしまいます。
作業はリアカーの上にブルーシートを敷いて行いました。
a0123836_1761637.jpg

取扱い説明書には「枝を粉砕」と書いてあるようですが、出来上がったものは粉砕というより千切りのようでした。
a0123836_1782199.jpg

紅梅の材は赤いので、細かくすると更に赤さが目立ちます。


このシュレッダーは借り物なのですが、こちらの思惑としてはセンターに出た倒木などをチップにしてぬかるむ道にまくつもりでした。
ところがこの機械、使える枝のサイズが生木で最大60㎜程度というもので、倒木などをそんなに細かく人力で裁断なんてやってられないよと、いうことでチップ化は断念することになったようです。
今回粉砕した梅の材は草木染に使う予定で、次は同じようにサクラの木を剪定した時の細い枝を粉砕して、やはり草木染の材料にしようという話が出ています。
by isumi-sato | 2015-02-11 17:17 | 作業風景