人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

今日のセンター

昨日、午後から降り出した雨は、日付が変わる前には止みました。
雨量は17.5mm、しっかり地面は濡れていました。


日中も寒さが厳しいのか、このところツツガエルもウロガエルも姿を見せてくれません。
野鳥達は元気なようで、ピーチーチーピーと大きな声で鳴いています。
万木堰をのぞくと、またカワウがお得意のポーズで羽をパタパタさせながら羽を乾かしていました。
a0123836_15233859.jpg

今日は寂しく?それとものびのびと?1羽でおりました。
前回は真っ黒な羽に覆われた個体ばかりが目につきましたが、今日いたのはなんだか腹が白っぽいです。
どうやらカワウの若鳥のようです。
人間の場合、まだまだ尻の青いひよっこ・・・なんて言われますが、カワウ達の間ではまだまだ腹の白いひよっこ・・・なんて事があったりして。


野鳥以外も、今日はチョウが観察できました。
a0123836_15371668.jpg

日光浴中のヒメアカタテハ。
越冬するチョウですが、これまでの苦労を表すように翅が痛んでいるのが分かります。

こちらは、盛んに吸蜜していたチャバネセセリ。
a0123836_15382079.jpg

チャバネセセリは、関東沿岸部、中部地方以南の暖地で越冬をするチョウです。
房総では、越冬するチョウです。

そして、珍しく翅を広げてとまっていたムラサキシジミ。
a0123836_15493044.jpg

翅を広げて日光浴する習性がちゃんとあるそうなのですが、夏の間に見かけたムラサキシジミ達はかなり粘っても翅を広げてはくれませんでした。
さすがにこの時期にもなると、熱心に日光浴しないとならないでしょうから、じっくり翅を広げて日光を浴びていたのかもしれません。
こちらも越冬するチョウで、冬は枯葉の間などに隠れじっと冬が過ぎるのを待ちます。

観察できた3種とも越冬するチョウだったのですが、越冬しないチョウは最近観察した記憶がありません。
まだ、活動しているのかな~?
センターから車で10分も離れていない場所にある学校の先生が、センターにやってきて「ここの方が寒いっ」と、言っていたので同じ市内でもこちらの方が気温が低いのかもしれません。


寒いながらもまだまだ生き物観察できますよ~。
さとの文化祭を鑑賞後は、外の自然観察なんていかがでしょうか?


~おしらせ~
11月25日から12月1日まで、千葉市にあるきぼーるにて、企画展「千葉県の環境学習施設~環境について体験しながら、楽しく学ぶならココ!~」が開催されます。
当センターも活動内容等のパネルを展示しております。
他にも、県内の環境学習施設の展示や解説があるそうなので、ぜひお立ち寄りください。
詳しくはこちら千葉県のサイトをご覧ください。
by isumi-sato | 2014-11-21 16:22 | いきもの