人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

烏の行水

早朝雨が降り、その後午前中もザッと一雨降りました。
午後になってからは晴れて、暑からず寒からずな散策日和になりました。


穏やかに晴れた午後、巡回に向かうといつものポールに、このところ何度も紹介している、ツツに入っているニホンアマガエル、略して“ツツガエル”が待っていました。
a0123836_15525951.jpg

2頭揃って日光浴でしょうか?
近くのポールからも顔を出しているのがいたり、顔は出さないものの鳴いているものがいたり、さながら、ここは「ツツガエルアパート」です。
ここ数日、文化祭の準備や雨でゆっくり巡回できていなかったので、ほっこりした風景でした。


畑では、タマネギの苗を定植していました。
a0123836_1642343.jpg

穴あきマルチを敷いて、そこに苗を挿していきます。
なんでも、別の場所で苗が余ったので、それを植えたとか・・・何本植えたのですか?と、聞いたところ「ざっと1,000本」だそうです。
センターで、タマネギの出荷でもするのでしょうか?
収穫は5月、ゴールデンウィークぐらいになるそうなので、来年の連休はタマネギパーティが開催されているかも?なんてね。


昨日の記事にも取り上げられていますが、今日も万木堰の倒木にはカワウが並んで羽を乾かしていました。
a0123836_1682949.jpg

最初はウが一杯だ~と、いう感激に撮影したのですが、よく見ると列にハシブトカラスが混じっています。
ちょうど1羽が飛び立った後なのですが、2羽カラスが混じっていました。
観察していると、写真ぐらいの距離があるとカワウたちも黙っているのですが、あんまり近づきすぎると大きな声で鳴いてカラスを追い払っていました。

色味に違和感がありませんね。
そのまま観察していると・・・
a0123836_1614241.jpg

本物の「カラスの行水」が見られました。
さすが高速、ちゃちゃっと浴びて飛んで行きました。
まっ、行水する鳥で、肩までゆっくり水に浸かって・・・なんて鳥はいないとは思いますが。

そんなカラスを見ていたのかいないのか、カワウはウ独特のポーズで羽を乾かしていました。
a0123836_16171612.jpg

一列に並んでいるカワウたちも同じように羽を広げ、ときおりパタパタ羽ばたかせていました。
何度見ても面白い姿です。
警戒心が強く、人の気配に気づくとすぐ飛び立ってしまうので、観察するときは気配を消してそ~っと近づく必要がありますね。


林道を歩いていると、ササッと横切る黒っぽい長い影。
やった!テンか?と、撮影すると・・・
a0123836_1631277.jpg

ネコでした。
多くないとはいえ、人家がありますから、飼い猫なんでしょうが騙される事数回・・・いい加減一瞬で判断しなさいという事なのでしょうが、遠目から見た色味と立派な尻尾、短い足に騙されてしまいます。
本当にテンが歩いている時もあるのですがね~。
by isumi-sato | 2014-11-12 16:47 | いきもの