人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

今日は春分の日 & 田植えの準備始めました

今日は春分の日だというのに・・寒い日中となりました。
朝9時は快晴でしたが、午後は曇ってきて、突然雨が降ったりした3連休の初日です。

そんな連休初日のセンターの周りで、サクラはどうなっているでしょうか。

例年、真っ先に咲きだすヤマザクラの様子を見に行くと、
なにか上の方にオレンジ色のものが・・?? 近づいてみると、
a0123836_15491925.jpg
人の手で載せるのは至難の業。地上6m近い高さの枝の上です。きっといたずらカラスのご愛嬌、と考えているのですが、皆さんはどう思われますか?

a0123836_15492181.jpg

肝心のヤマザクラは咲いていなかったのですが、上のみかんとは別の思わぬものを見つけました。
釣りをしている人をよく見かけるのですが、このようなものを落とす、というか、引っ掛けっぱなし。狭い場所なのですから、枝に引っ掛けることは予見できるはず。モラルを疑いますね。

他の木はどうなっているのか、と林道を歩けば
a0123836_15491020.jpg
この木には2輪咲いていましたが、残念ながらヤマザクラの開花とまでは言えませんね。もっとも、見えていないだけかもしれませんが。

ソメイヨシノは
a0123836_15491329.jpg
まだまだ、つぼみは堅そうです。センターの標準木として観察している駐車場入り口のソメイヨシノ。昨年はウソにつぼみを食べられてしましましたが。今年は御覧のとおりたくさんあります。いつごろ開花となるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------------
センターまわりの田んぼでは、くろ(畦)作りも終わり、荒代かき(2回代かきするうちの1回目)も終わった田んぼもチラホラと見受けられます。

a0123836_17334017.jpg

センターの田んぼも4月末の「田植え」行事に間に合うよう準備を始めました。まずは くろ作り です。
機械でやればもっと早くできるのでしょうが、センターでは残念ながら所有していません。昔はこうやって田んぼを作っていた、という展示の一環としての作業です。
くろ作りは、くろきり・くろ寄せ・くろ塗り の3段階の作業から成り立っています。
その第1段階の くろきり作業 を行いましたので紹介します。

a0123836_1733576.jpg

まずはスコップで くろ の側面をはがします(この作業を「くろしん切り」という)。
センターの田んぼは粘土質のため、土がスコップにへばり付き、スコップから土をはがすのが大変です。この作業が一番の重労働で一日やるとへばります。

a0123836_17341574.jpg

a0123836_17343364.jpg

その後、くろ の上面を鍬で削り取り平らにします(この作業を「くろかわはがし」という」)。
稲つくりには水はかかせません。植付けから刈取り2週間前位までは水が必要です。この水を保つために くろ作り はしています。

a0123836_17345758.jpg

くろ の途中には“みのて”といって田んぼからの排水口があります。これまではこの みのて に土を盛って水をせき止めていましたが、大雨で盛った土が水で流され、せっかく
降った雨水が根こそぎ流れてしまうことがありました。

a0123836_17351667.jpg

そこで今回、コンクリートのU字溝を みのて に埋け、U字溝の口を板で塞いで水をせき止めるようにしました。

このあと、くろ寄せ・くろ塗り作業があります。たぶんブログで紹介できると思います。
4月の「田植え」行事までには準備万端にしておきますので、ふるって参加下さい。お待ちしています。
by isumi-sato | 2014-03-21 17:44 | 田んぼ