人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

良く出来すぎて困る・・・

今日は朝の内少し雨が残りましたが、晴れて風さえ吹かなければ日向は暖かな一日でした。
館内が寒いのは昨日とあまり変わりませんが・・・


明日は、お飾りを作ろうB・鳥居形編を開催予定です。
そのため、朝から職員が明日の試作品づくりに取り組んでいました。
a0123836_15485657.jpg

今日の議題は「大きさ」形や作り方は今更練習するまでもありませんが、大きさが重要です。
なぜなら、普通に作ってしまうと、横幅が一般家庭の家の扉の横幅を軽く超えてしまうからです。
特に今年のワラは大変出来がよく、長~い立派なワラなので本気出すと大変なことになってしまいます。
そのため、出来の良いワラを前に困る、というおかしなことに。
a0123836_1554236.jpg

職員としてはかなり横幅を縮めて作った試作品は、それでも事務所の扉幅より幅広く、しかし、これ以上短くすると格好が悪いという事で、最後の手段、端を切るという手を取りました。
(上記写真で言うと、一番左上が両端を切ったもの)
縁起物ですから、極力ハサミを入れるのはタブーという考えがあるので、あまり切りたくないのですが、万が一幅が広すぎたらこういう方法もあるということだそうです。

この鳥居形のお飾り、いすみ周辺の農家で飾る形のものです。
改めて考えると、農家=昔ながらの住宅とみると、扉自体大きいですよね。
なぜ鳥居形が農家の家に飾られたのか、そんな住宅事情も関係していたのかも?なんて、アパート住まいの身は思います。


センター周辺だと、いつが紅葉のピークでいつが終わりかがいまいちはっきりしませんが、林道を歩くとまだ紅い葉を見かけます。
a0123836_1683327.jpg

メギ
小さな赤い実をつけますが、それほほとんどありませんでした。
紅葉してからもしばらく葉がついているので、長くその姿を楽しめます。

今日の巡回中、1匹だけアキアカネの姿を確認できました。
a0123836_16132672.jpg

大きく翅を広げて日向ぼっこ。
翅はだいぶ痛んでいます。
越冬できないトンボなので、今年でお別れです。
もしかしたら今季最後の出会いかも・・・なんて、思っていたら、後ろでニホンアマガエルが鳴いていました。
彼らはいつまで起きているのやら。

ヤブで、尾を振っている薄茶の鳥を見かけたので、ジョウビタキのメスかな?と、思ったらモズのメスでした。
a0123836_16452181.jpg

こちらの動きに気づくと、ピュッとヤブに飛び込んで行きました。
そのヤブの中から小鳥達の声が盛んに聞こえているのですが、姿を見るには至りませんでした。
じっーっと、じっーっと、待っていれば出てくるのかもしれませんが。


最初に触れたように、明日はお飾り鳥居形編、明後日は輪飾りが午前、午後と2回開催いたします。
申込まれた方は、作業中冷え込みますので防寒対策をしてご来館下さい。
by isumi-sato | 2013-12-20 17:03 | センターこぼれ話