人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

天気予報は大ハズレ・・・

今日は畑で栽培中のタデアイの種を収穫しました。
たしか、昨日の夕方にはこんなに雨が降る予報は出ていなかったと思うのですが、センター上空では午前中雨が降ったり、止んだり、午後は止み間なく雨という一日でした。


雨が降りそうな天気でも、出勤人数、明日以降の天気、他諸々の予定から今日しかない!と、朝から畑に向かいました。
a0123836_16454252.jpg

最初は、種の部分をしごけば簡単に収穫できる?と、考えていたのですが、一昨日の雨が利いているのか、全体がしっとりしていて全く種が取れませんでした。
写真は、挑戦中の背中。
すでに「ダメだこりゃ・・・」というセリフが出ています。

続いて、方向を変えて根元から刈り取り、別の場所で穂先をしごいて種を採ることになりました。
a0123836_1648166.jpg

カマでザクザク刈り取って、リアカーに積んでいきます。
この方法も、茎と茎が絡んで容易じゃない、種が落ちてるぞなんて、不都合もありました。
この時、全部刈り取るか、少し残すか悩んだのですが、結局、最初に出てきた「人数・天気・予定」を考慮して全て刈り取ることにしました。
・・・この判断は後で、誤りだったと痛感するのですが。
a0123836_1652954.jpg

収穫はリヤカー山盛り一杯ありました。
この後は、手作業で穂先を摘み取りました。
a0123836_16543910.jpg

a0123836_16545029.jpg

プチ、プチ、プチ・・・天気予報の外れっぷりにブツ、ブツ、ブツ。
作業を始めて2時間くらいで、これはどうやっても終わらないという結論が出て、残りは束ねて干してから脱穀することにしました。
全て刈るんじゃなかったと、後悔しました。
後から考えると、簡単に終わる訳ない量だと分かり切っていることなのですが、獣にかなり食べられている、栽培初年度で勝手がいまいち分かっていない焦りから、全て刈ってしまえ!という、流れになってしまったのです。

もう一つ、これは刈るしかないと思わせた原因がこちら。
a0123836_1732718.jpg

発芽している種が多く目についたから。
何度も言いますが、あんなに発芽しないでやきもきさせられたのに、雨に何度も濡れて、更に高温になったせいか発芽している種が多くありました。
今日も明日も雨に濡れて、その後晴れたら更に発芽してしまうのではなかろうか、という事もあり全て刈り取りました。
a0123836_176838.jpg

穂先だけ摘んだものは広げて乾燥、乾燥後揉んで殻を外し箕で選別することにします。
束ねた株は、縁の下にずらずらっと並べました。
a0123836_17104041.jpg

濡れているせいか、発酵が始まってしまったようで熱を持ち始めていました。
無事乾くかな?乾く前に発芽しそうな気もするのですが・・・なるようになるしかないという事で、しばらくここで乾燥させます。
乾燥したら、ビニールシートに包んで叩けば脱穀できるかな?と、考えています。
今年の栽培を踏まえて、来年の栽培はもう少し効率的にできることでしょう!


スタッフが畑で「これは色々マズイぞ・・・」なんて思いを感じていたころ、デイキャンプ場からは大きなエンジン音と笑い声が聞こえてきました。
昨日も少し触れましたが、あるグループがデイキャンプ場で薪作りの基本レクチャーと、実演を行っていました。
a0123836_17182514.jpg

a0123836_17183845.jpg

a0123836_17185728.jpg

こんな一堂にチェーンソウと斧が集まっていることなんて、見たことありません(写真に写っている以外にも並んでいました)。
収穫作業に熱中していたので、あまりこちらの活動は見学できませんでしたが、私が一番気になった内容は、この鍋の中身でした。
a0123836_17244969.jpg

多分、中身はトン汁だな・・・。
気温も低く、雨がしっかり降る中、皆さん作業に没頭していたようでした。
by isumi-sato | 2013-11-09 17:26 |