人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

梅雨が明け、暑い七夕の一日です

7月7日、快晴。午前九時の気温は30.4℃、今朝の最低気温は25.1℃でした。
a0123836_1624768.jpg

センターの七夕飾りには、たくさんの願いごとの短冊がついています。
「サッカー選手」「ケーキ屋さん」から、「虫はかせになりたい」「なしやになりたい」なんて願い事もあります。


昨日の昼に気象庁から「梅雨明けしたとみられる」という発表がありました。
今年の梅雨は、平年よりも10日早く始まり、15日早く終わりました。

七夕の日、14時には、乾球33℃、湿球27℃で、不快指数83でした。
この暑さ、生きものたちはどう感じているのしょうか?
変温動物たちは、体の動きが良いわいなどとも感じているのかな?でも暑い日中はおとなしくしていることが多いようです。
日に焼けたアスファルトの上をニホンカナヘビが猛スピードで駆け抜けていきました。さすがに暑すぎるのでしょうか。アチアチアチと、聞こえてくるようでした。

a0123836_1635313.jpg

昆虫広場のイノシシによる穴は、数えると合計8カ所となりました。日々その大きさを拡大しています。困ったものです。イノシシも暑い日中は昼寝しているようです。

a0123836_1642826.jpg

夏らしい暑さとともに、ネムノキの花が目立つようになりました。
ネムノキの葉は、細かい葉が適度に光を通すため、涼しげです。
a0123836_1661241.jpg

そして、これから咲く蕾がたくさんついています。

a0123836_1692842.jpg

今日は朝早くから、ザリガニ釣りに親子が訪れて、ザリガニを釣り上げていました。気温が上がってザリガニさんたちの食欲も復活しているもようで、簡単に釣り上げられていました。そんなザリガニ釣りをしている子どもたちが、ヘビがいたよ、と教えてくれました。
a0123836_1682354.jpg

どれどれと確認に行くと、ザリガニ釣りをしている水路のすぐ向かいで、草蔭の中にじっとしていました。
ヤマカガシのようです。刺激しないでほっておけば向こうから悪さはしてこないから大丈夫だよと、こどもたちは釣りに専念していました。

a0123836_16155981.jpg

湿性生態園への林道沿いには、花のあと実になったウツギがたくさん見られます。
小さなコマのような実が連なって見えます。

a0123836_1616435.jpg

日陰に咲くイモカタバミが、控えめで花の少なくなったこの時期には目立っています。
湿性生態園に向かう林道、湿性生態園では多くの種類のトンボたちに出会えます。
水面の大きさや、水路のようすによって出現するトンボの種類が変化します。

a0123836_16283888.jpg

万木堰にアオサギがいますが、人影に気づくとすぐに逃げてしまいます。
人がいなくなるとまた舞い戻ってきているようです。
それほど神経質にならなくても、誰も捕まえようとはしないのですが、、。
a0123836_1622471.jpg

一周して戻ってくると、昨日ニホンリスが出現した雑木林では、ヤマモモの実がたわわになっており、実が熟してきたようです。
a0123836_16332582.jpg

今日は、リスの代わりに雑木林の中をキジが駆け抜けていきました。
写真を撮ろうとすると逃げるので、少しだけ追いかけっこです。
a0123836_16555158.jpg

暑い夏本番になると、水路に泳ぐメダカたちは、涼しげで元気いっぱいに見えます。
by isumi-sato | 2013-07-07 16:46