人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

なんで明日が・・・

どんよりとしたお天気の一日でした。
明日の天気予報から雨が取れません!


このところちっとも雨が降らないので、ぜひとも欲しい雨なのですが、明日は降らなくて良いんですよ・・・。
雨が降らないから今だ!と、収穫した麦がまだ干してありますし、何より明日は小学校が生活科の校外学習で来館するのです。
a0123836_16104671.jpg

変わらない雨予報に、畑に干してあった大麦を建屋の軒下まで移動させました。
雨が吹き込んだりしないかしら・・・と、また心配。


ここ数日、田んぼではトンボの羽化が始まりました。
多く姿を見るのは、イトトンボのオオアオイトトンボです。
a0123836_16225273.jpg

羽化したばかりのころの体色は、透明に近い乳白色です。
それが成熟すると・・・
a0123836_16313987.jpg

こんなにメタリックな色に変わります。(2010年10月撮影)
田んぼから飛び立つ個体は、2枚目の写真より薄っすら青みがかったぐらいで飛び立ちます。
a0123836_16485055.jpg

今の時期、田んぼの畦を歩くと、準備の整ったオオアオイトトンボが飛び立つ瞬間に立ち会えます。
なぜか三枚ある田んぼの内、一番南側の田んぼ(デイキャンプ場隣)が多く羽化しています。
晴れた日には午前9時半ごろには準備が済んでいるようで、朝一の巡回でもキラキラ飛び回っていますよ~。

他にも、数はオオアオイトトンボと比べると少なめですが、アキアカネが羽化しています。
a0123836_16523331.jpg

暑さが苦手なトンボらしく、本格的に暑くなる前に、避暑地に移動するそうです。
いすみで産まれたトンボはどこで避暑するのでしょうね。

田んぼで羽化は見かけていないのですが、今日初めてノシメトンボが飛んでいるのを観察しました。
6月1日にはコシアキトンボとハラビロトンボも今季初確認しています。
そろそろ里でもたくさんのトンボが観察できる時期がやってきますね。楽しみです。


続いてデイキャンプ場周辺で、今日見つけたカミキリムシをご紹介。
a0123836_175244.jpg

こちらセンターでは大変お馴染みのラミーカミキリです。
カラムシを食べるカミキリムシで、初夏の頃からその姿をみることができます。
水路沿いにカラムシ並木ができるセンターでは、今時期になれば見られない日が無いのでは?という皆勤賞の優等生です。
珍しい存在ではないのですが、ご覧のとおりかなり特徴的な風貌をしていますので、ガイドウォークなどでは大変人気のある昆虫です。

続いて、初めて観察したカミキリムシです。
a0123836_17131013.jpg

こちらもなかなか特徴的な風貌です。
ヤツメカミキリだと思います。
背中に八つ黒い紋が有るので「八つ目」でしょうか。
梅や桜の樹や葉に集まるカミキリだそうで、ちょうどオオシマザクラの下で見つけました。
そう珍しいカミキリムシではないようですが、ここ5年センターでスタッフは観察したことがありませんでした。

毎日のように同じルートを歩いても、まだまだ初めて見る生きものがたくさんいます。
このように初めて見つけた生きもので、名前が分かればご紹介できますが、実は名前が分からずお蔵入りになっている生きものも多数おります・・・。
目に入らず見過ごしている生きものもたくさんいることでしょう。
センターに遊びに来た時、面白い生きものを見つけたらぜひぜひ、スタッフにも教えて下さいね~。
ご来館も、情報も、お待ちしております。
by isumi-sato | 2013-06-06 17:24 | いきもの