千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

両方楽しむのは無理なのか?

昨日は、千葉県内でも場所により真っ白な雪景色となりました。
センターは休館日だったため、どんな姿になっていたのかは分かりませんが、雪の名残はありませんでした。


センターの畑では、搾油用のセイヨウアブラナ以外に食用菜花も栽培しています。
以前、芽が出たばかりの頃イノシシに散々荒らされて、種子を追いまきしました(こちら)。
播種時期が違うので、大きさが違うのは当然のことなのですが、ここ最近あれ?変と感じるようになりました。
a0123836_1734728.jpg

前を通り過ぎるばかりだったので、いつまでも株が大きくならないな~と思うだけでした。
今日よく見たら・・・
a0123836_1744966.jpg

明らかに食べられているではないですか!
ヒヨドリがよくここから飛び立つなぁとは思っていたのですが、すっかり食べられていたようです。
ただ、先端が切られたようになっているような・・・ウサギも出たのかしら?


スイセンが咲かない、咲かないと皆で待ちわびているセンターですが、今日やっと開花の準備ができたようです。
a0123836_179233.jpg

明日にでも咲きそうです。
例年12月中に咲いていたスイセンですが、もう1月も終わりです。
本当に明日咲くか?こうご期待です。


午後にセンターにお客さんがいらっしゃいました。
センターエリア内を説明しながら歩いていると、湿性生態園で突然目の前にノスリが降りてきました。
音がつくなら「ぽてっ」です。
サッ!という猛禽類らしい機敏さはなく、樹の上から落ちたの?と思うぐらいのんびり目の前に降り立ち、何かを捕まえてすぐ近くの樹上に移動していきました。
a0123836_17145075.jpg

ご案内途中の遭遇だったので、写真はこの1枚のみしか撮影できませんでしたが、初めてセンターにいらした人に、間近で観察できるようにしてくれるなんて、大変良くできたノスリさん(むしろノスリ様)です。
「今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます」ですね。

お客さんがお帰りの時には、すぐそばのヤブでウソの群れが鳴き交わしていました。
a0123836_17205618.jpg

これまた縁起がよろしいことで。
今日は5羽飛び回っていたように見えました。
たくさんの鳴き声が聞こえたので、近くに別の群れが居たのかもしれません。
ウソの姿と鳴き声でお見送りできました。

さて、タイトルの話。
今年はセンターでもウソが多い、多いと言っています。
先日は、里まで下りてきたという話もしました。(こちら
今日は事務所のすぐ近くの樹でその姿が観察できました。
a0123836_17265996.jpg

あぁあぁ、群れでソメイヨシノの花芽を食べてる~。
ウソが出るとサクラが咲かないとか、ちょっと耳に挟んだことがあったのですが、サクラの樹に群れているのがしっかりと観察できました。
冬場はウソの愛らしい姿をたっぷり観察できて、春になったらたっぷりサクラの花を堪能できるということは両立できないのでしょうか。
春が少~し心配になりました。
by isumi-sato | 2013-01-29 17:33 | いきもの