人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

息が白くなるころ。

午後林道を歩いていると、はく息が白くなりました。
もうそんな時期なのですね。
a0123836_17111151.jpg

日向には残りわずかな時間を過ごすアキアカネ。
アキアカネは暑さに弱い分、11月下旬でもその姿をみることができます。
変わりに、めっきり翅の先に色のついたノシメトンボやコノシメトンボの姿は見かけなくなりました。

万木堰のそばでは、センダンの実がたわわに実っていました。
a0123836_17191186.jpg

例年ですと、ヒヨドリがよくこの樹に集まっていましたが、今日はジョウビタキのメスがこの枝で鳴いていました。
気が付いた時にはサッと飛んで行ってしまいました。
姿は見えないのですが、ヤブの中からツグミらしき声も聞こえてきました。
日本に来たてのころはガードが堅いです。
a0123836_17215681.jpg

先日、野鳥観察をしている人から、今年は小鳥の当たり年だよと教えていただきました。
センターでも、マヒワの群れが観察でき、ウソが鳴いているよ~と・・・教えていただき、耳を澄ましたもののウソの声は分かりませんでした。
他には、最近センター上空をハイタカが飛翔しているようで、目撃情報が数件寄せられています。
野鳥観察が楽しい時期がやってきましたね。

湿性生態園の木道デッキには、少し変わった物が落ちていました。
a0123836_17412087.jpg

目立つのはアメリカザリガニらしきハサミと、小さな足がたくさん。
これは以前にも紹介しましたが、「ペリット」とよばれる、鳥が食べたものの中で消化できない物をまとめて吐き戻したものです。
この場所でよく目撃される鳥、ペリットの内容物から考えると、アオサギの物だと思います。
こんなにアメリカザリガニが好きなのね。
アメリカザリガニとウシガエルだったら、いくらでも食べてもらって構いませんね。

寒くなって、冬野菜もすくすく育っています。
ただ、カブがちょっと込み過ぎかなぁ。
a0123836_1748524.jpg

少しはおろ抜いた(間引き)のですが、まだまだ間引かないと。
誰か、おろ抜きのお手伝いに来てくれませんか~。
抜いたこかぶは、葉っぱも食べられるし、カブの部分もサラダで食べられるぐらいは大きく育っていますよ。
お待ちしておりま~す。
by isumi-sato | 2012-11-21 17:51 | しょくぶつ