千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

干上がった湿性生態園の水没ヤナギ林


8月10日、晴れ。午前九時の気温は25.8℃、今朝の最低気温は18.8℃という涼しさでした。オリンピックがなければ、安眠できるのですが、、、。


8月7日暦の上で立秋を過ぎましたが、それ以降いすみでは北東の涼しい風が吹いています。

a0123836_18592530.jpg

朝、センター北の杉のでっぺんに、シラサギがいました。
江戸時代ならば、松の木の上にトキ(実はコウノトリらしい)といった絵になったでしょう。
もちろん、バックには富士山が描かれるのですが、、、。

a0123836_18594485.jpg

昨日今日と晴れて日差しがありましたので、駐車場のアスファルト舗装の上で、青刈りをしたイネを干しました。
a0123836_190552.jpg

わら細工用の青いワラがうまくできるでしょうか。


a0123836_1902191.jpg

湿性生態園のヤナギ水没林は、ごらんのとおりです。
珍しくヤナギの根のほうから、デッキを見たアングルの写真です。

a0123836_1904244.jpg

そして、水位のだいぶ下がった万木堰は、このような具合です。

a0123836_1905528.jpg


a0123836_1933388.jpg

周辺にたくさん生えているアカメガシワの雌木に花の後、種子が実りつつあります。
(トウダイグサ科雌雄異株)

   まだ、しばらくは残暑がつづきますが、、。
秋とうからじ、、、。 
by isumi-sato | 2012-08-10 19:06 | センターこぼれ話