人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

短い間見られる大きな鏡

今日もぽかぽか陽気の一日となりました。
昨日代掻き(しろかき)をした水田は、水もだいぶ溜まりさながら鏡面仕上げのようになっています。
a0123836_1855539.jpg

もう少し水が澄むと、周りの山や空の風景が映りこんで見えますよ。
この状態の水田が続く風景を見ていると、晴れ晴れとした気持ちになれます。

田に水が入ったおかげで、シュレーゲルアオガエルの大合唱がセンターでも聞こえます。
その姿を見た~い!と、探すものの、ちょっと田んぼに近づいただけでピタッと鳴きやんでしまいます。
彼らは人が歩く振動で、外敵が近くに居るか否かを判断して鳴いたり鳴きやんだりするそうです。
変わりと言ってはなんですが、水が入ってたくさん姿を見るようになったのはこちら。
a0123836_1895054.jpg

ウマビルです。
ヒルと聞くと真っ先に「吸血」を思い出すでしょうが、こちらは血を吸いませんのでご安心を。
主に巻貝を食べるようです。
ゆらゆらドルフィンキックのような優雅?な泳ぎを見せてくれたり、伸びたり縮んだりなかなか面白い動きをしています。

ほかにも、田んぼのあぜをうろうろしている小さな群れがいます。
a0123836_18132024.jpg

ツグミです。
写真には収まりませんでしたが、4~5羽集まってあぜの上を歩いていました。
田にすっかり水が入ってしまったので、あぜの上に集まっているのでしょうか。
冬鳥の彼ら、いつまでも居てくれて構いませんが、あとどれぐらい姿が見られるでしょうか?


ソメイヨシノのつぼみはもう一歩。
ヤマザクラには若葉が芽吹いてきました。
ヤマザクラの樹の下では、似た花が一輪開花しています。
a0123836_1817047.jpg

モミジイチゴ。
イチゴもサクラもバラ科なので、似た花が咲きます。
つぼみの時に虫に花弁を食べられてしまったらしく、花の形がいびつです。
周りを見渡すと、かじられているつぼみが結構ありました。
美味しいキイチゴがなる木ですから、実はちゃんとなるのか?と、すっかり花より団子の心配です。

明日は、春一番のような強い南風が吹いて気温もぐんぐん上がるそうです。
これは、動植物にも追い風になり、一気に春が進むことでしょう。楽しみです。
春の心地よい日に、ぜひセンターへいらしてください。
ご来館お待ちしております。
by isumi-sato | 2012-03-29 18:27 | 田んぼ