千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

寒くなると目立つもの

既に雨が降り出したセンターです。
このまま日曜日まで雨だったら残念です。


寒くなる頃目立つものそれは…
a0123836_1726058.jpg

中庭のモグラ塚です。
夏だって生活しているはずなのですが、どういうわけか冬になると中庭を縦横無尽に走り回ります。
風景としては微笑ましいのですが、一応「芝生広場」と銘打っている以上、困るのです。
とは言え、中庭にモグラ塚ができると、これからどんどん寒くなっていくいっぽうだと、しみじみと思います。


こちらは夏も出るけれど、秋深まるともっと出てくるもの…
a0123836_17302727.jpg

イノシシです。
昨晩から今朝にかけて、また派手に駆け抜けていったようです。
↑写真はデイキャンプ場です。
他にも…
a0123836_17322630.jpg

水田横に積んであったワラ束を蹴散らし(鼻散らし?)たり、
a0123836_1733134.jpg

畦が壊れるほど掘り返したようです。
やんちゃが過ぎるなぁ…
センターのご近所さんも、今朝家の前の道がズタズタにやられたよと、嘆いておられたので、昨晩はずいぶんと広範囲で活動したようですね。
困った奴らです。


被害報告ばかりではつまらないので、今の時期見られるツル植物のお話をひとつ。
a0123836_17391550.jpg

ヤブの縁を覗くと、小さな乳白色の実がぶら下がっています。
スズメウリというお名前です。
水辺や草地、河川敷などの比較的日当たりのよい場所を好んで生えるそうで、写真は湿性生態園で撮影しました。
熟すと白くなりますが、未熟な状態では葉と同じよう黄緑色をしています。
a0123836_174258100.jpg

花は、白くて可憐な花をつけます。
↑の写真の黄色は、セイタカアワダチソウです。
最初、セイタカアワダチソウの花が変!と、びっくりしちゃいましたが、つる性の植物なのでセイタカアワダチソウに巻き付いて生長したようです。

秋に赤い実をつける「カラスウリ」は有名ですが、このスズメウリは知名度が低めでしょうか?
カラスウリより小さいからスズメウリになったという説と、熟した果実がスズメの卵に似ているからという、名前の由来説が2つあるそうです。
さて、皆さんはどう思いますか?
花も実も愛らしいのでもう少し知名度UP!ということでご紹介しました。
by isumi-sato | 2011-10-21 17:55 | いきもの