人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

季節の変わり目

今日は、日中上着を着ないで外を歩いていて、少し暑く感じる一日でした。
朝晩は冷え込んでも、日中の暖かさがだいぶ春めいていて、何より陽が落ちるのが格段に遅くなっています。
気温より、太陽の顔が見られる時間で冬の終わりを感じます。


さて、春といえばの風物詩で、以前このブログでもフキノトウが取り上げられています。
今日も畑で芽吹いたフキノトウを見つけたのですが、そのフキノトウの大きさに驚きです。
a0123836_1740615.jpg

この写真では分からないでしょうが、見た瞬間「デカっ!」と叫んでしまいました。
比較物を置いて撮影しました。
a0123836_17425620.jpg

フキノトウ自体、そんなに馴染みの存在ではないのですが、イメージとしてもっと小さなかたまりだった気がするのですが…。
ちなみに、時計の文字盤の直径は約3cmです。
こんなに大きかったかしら?と首を傾げています。
デイキャンプ場周辺も探してみようと思いましたが、この腕時計を外す所作で既に16時50分であることに気がついたので、今日のところは引きあげました(閉館時間は16時30分)。
本当に陽が落ちるのが遅くなりました。


その他にも、畑をタヌキらしき動物が通り抜けた足跡が残っていました(不鮮明だったので写真はありません)。
そして、夜間ナニモノかがはしゃいだ跡も残されていました。
a0123836_17493553.jpg

畑に生け垣のように植えらている数本の松の樹の下、ダイコンやカブが引きずられて散らかされています。
さて、誰の仕業なのか…。
昨年に比べると被害量は少なめですが、やっぱりダイコン・カブが齧られるのです。
歯形からウサギじゃないのと、昨年同様言われているのですが、同じく昨年同様足跡はタヌキしか無いのです。
むむむむ…下手人確認に張り込めという話でしょうか。
夜間の張り込、今の時期だったらアカガエルやトウキョウサンショウウオの産卵シーンを見たいものです。


同じく畑で栽培中の「菜の花エコプロジェクト」の菜の花も、大きく目立ちませんが食害されている模様。
a0123836_185348.jpg

時期がらイモムシの類では無いと思うのですが、前から葉に穴があいていたかどうかは記憶にありません。
どうでしょうか。
とはいえ、ひと畝全ての葉が無くなっている…といったような場所は現在のところありません。
食用ナバナは花盛りになっていますが、こちらの花が咲くのはもうしばらく先のことのようです。


暖かくなって、外ですごしやすくなっています。
外を歩くには絶好の季節…もう少し暖かくなると花粉がドバっと飛散するでしょうから、花粉症にはつらい季節到来です。
今のうちにゆったり自然の中ですごすのはいかがでしょうか。
センターでもお待ちしております。
by isumi-sato | 2011-02-23 18:09 | いきもの