人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

トビとカラスの攻防~そのオマケ~

本日11時頃、猛禽とカラスがもめているところを職員が見つけました。
話によると、センターの昆虫広場にある小池から、猛禽(後にトビと判明)がウシガエルを捕まえて飛び立った瞬間、後からカラスが2羽突如現れ、トビを追いかけ回したそうです。
トビも2羽いたそうですが、しつこく追いかけ回され結局カエルを昆虫広場に落としてしまったそうです。
その後トビは小池の近くの電信柱の上に留まったそうです。

それを後からきた職員が撮影したものがこちら↓
a0123836_146304.jpg

日ごろ上空を飛んでいる姿(特に尾の形)でトビと見分けていたので、近くで見ると最初あれ誰だ!?となってしまいました。
その後どうするのだろうと見つめていると、カエルを落とした辺りを低空飛行で、ぐるぐる猛禽特有の飛び方をしながら回り、カエルを無事拾いました。
すると、今まで姿が見えなかったのにまた突如カラスが2羽現れ、トビを追いかけ回しました。
カラスのほうが一回り半くらいは小さく見えるのに、滅法気が強いです。
ギャーギャーとカラスは鳴きながら、トビは無言で飛びながら最後は、デイキャンプ場奥の電信柱の上にトビが追い詰められ、少し見合った後トビは山に戻ってしまいました。
その瞬間、短く「ピィーヒョ~」とトビの声が聞こえたのが、とても哀れに感じました。
カラスも生きるために必死なんですけどね、やっぱり横取りシーンなど見るとかわいそうだなと思ってしまいます。

間近で行われた攻防に、とても興奮しましたが動きが早過ぎて、その後の写真は全てペケ。
使える写真は撮影できませんでした(残念で悔しいっ!)。


そして、トビ騒ぎが終わって事務所に戻る途中、ちょっと風体の違う鳥が見えたので双眼鏡で確認してみると…
a0123836_14245841.jpg

シメでした。
中庭で見かけるのは、ツグミがメインだったのですが、どうやらトビ騒ぎで中庭まで逃げてきたようです。
ツグミほど人慣れしておらず、この後すぐ飛び立ってしまいました。
シメ自体センター内で見るのは珍しいのに、中庭に降りてくるとはますます珍しいです。
今年はセンターでシメ見ないねと、職員同士で話したばかりだったので、タイミング良く存在アピールをしてくれました。
by isumi-sato | 2011-02-12 14:56 | いきもの