人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

冬と春の間

相変わらず寒い日が続きますが、明日は「七草がゆ」を食べる日ですね。
センター周辺では春の七草の中で、仏の座(コオニタビラコ)が見つかりません。


さて、年が明ける前に紅梅は開花してしまったのですが、畑の側に生えている白梅の花もチラホラ咲いてきました。
a0123836_15432297.jpg

今年も変わらず愛らしい花を咲かせてくれました。
去年はたくさんの実をつけたのですが、今年はどうでしょうか?
収穫しがいがあるほど実つきが良かったら、ウメ収穫祭でも開催します。
初夏に行う1回限定の行事ですね~。


ウメの樹の側にはサクラの木もあるのですが、ここでも冬の名物?発見。
これは好き嫌いが分かれるでしょうから、ちょっとだけ離れて撮影です。
a0123836_1551151.jpg

ヨコヅナサシガメが集団越冬中です。
このサシガメは、都市公園でも普通に見られる昆虫だと思うので、案外側にいる昆虫だと思いますね。
サクラの樹のみにいるわけではありませんが、サクラの木を探すと越冬していない時でも姿をよく見ます。
越冬中は動きませんので、生で見たい方はセンターで探してみて下さい。


湿性生態園に行くと、様々な鳥の声が聞こえてきます。
その多くは、声だけ聞こえて姿は見えないのですが…。
そんな中、ツグミはよく姿を見せてくれます。
a0123836_15575015.jpg

通常今ぐらいの時期になると、ツグミ達は群れを解除して個別に行動するようになるらしいのですが、まだ群れで移動していました。
写真には写っていませんが、同じ樹に4羽とまっています。
そんな木の上の方にとまっているツグミを見ていたら、その下にまたしても発見。
a0123836_1559556.jpg

上記写真左側に、ごちゃっと枝の塊があるのが分かるでしょうか。
これ鳥の巣ですよね?と、思わず聞いてしまうのですが、これも前回に続き全く気付かなかったなーと、首を傾げてしまいます。
今までは葉が有って見えなかったのかなとも思うのですが、葉が無くなったのはずいぶん前ですし、見える時と見えない時の違いは何なのでしょうかね。
でも、どの鳥の巣なのかは分かりませんでした。


帰り際、畑でちょっとイタズラをしてみました。
イタズラとはジャガイモ掘り。
初夏に掘りだしたジャガイモのダメなやつ(ネズミに齧られた、小さ過ぎるなど)を放り投げていたのですが、夏の間にすっかり根付いてグングン生長していました。
霜に降られて葉がすっかりしおれてとけてしまったので、中はどうなっているのかと掘ってみました。
その結果は…
a0123836_16102676.jpg

まさかの、豊作でした。
予想としてはやっぱり駄目でした~というオチだったのですが、裏切られてしっかりしたものが実っていました。
今年は暖冬傾向だったからなのか、ジャガイモはもともと2期作?ができるのか…強いですね。
そして、試しに食べてみましたが(ちょっとハラハラしながら)、味も可不足無くジャガイモでした。
なんだか、とってもお得感に包まれました。


今日のホウキ作りは、3名の参加がありました。
次の開催は8日土曜日です。
お待ちしております。
by isumi-sato | 2011-01-06 16:31 | いきもの