人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

お手玉を寄贈していただきました

a0123836_1543337.jpg

以前、ジュズダマの利用法についての話題(その1その2)を取り上げたのですが、なんと、ジュズダマを使ったお手玉を寄贈していただきました。

調べてみると、お手玉にもいくつか種類があるそうですが、寄贈品は4枚の生地を縫い合わせた「ざぶとん型」と呼ばれるもの。
中に入っているジュズダマは40グラムで、これは型によらず決まりごとのようです。
いわく、軽からず重からず、手に丁度良い重さだそうです。
ジュズダマ40グラムというと、だいたい片手に一杯くらいの量なので、一つ作るのにもかなりの量を収穫しなければなりません。

最近お手玉自体を目にすることが少ないのですが、昨今のお手玉の中身は小豆だったり、手芸用のペレットだったりするようです。
お手玉はジュズダマを使ってこそ!なのだそうです。
ジュズダマの実の中は空洞なのですが、それがあることによって心地よい音がするそうです。

竹トンボがあるなら、女の子の昔ながらの遊びもないとね、とお手玉を寄贈していただいたので、センターにいらした際には事務所前に展示しておきますので、ぜひお手にとって遊んでみて下さい。
ちなみに、ちょっとお手本を…と言われても、センター職員で片手で3つ回せる人は多分いません。ごめんなさい!
むしろ、「できるわよ」という方の技を見せていただきたいものです。
by isumi-sato | 2010-11-07 15:59 | おしらせ