人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ワラ細工用のイネを避難しました

昨日の秋雨前線の通過にあわせて、なんとなく秋。
ワラ細工用のイネを避難しました_a0123836_16172624.jpg

空も「秋空」と言うには、なにか足りない気もしますが・・・
夕方吹く風は、やはり今までとは違う心地よさが混じっていました。

こんな天気ですけれど、今夜は雨が降るかもしれないという予報。
センターの軒下に吊るしてあるキョウシンはほぼ乾いているので、ここで雨にぬらすわけには行きません。
(写真は刈り取った直後、9日にも一度雨対策で退避していますが、今はもっと乾いています。)
ワラ細工用のイネを避難しました_a0123836_16212099.jpg


そこで、次の作業(脱穀)がしやすいように、稲を束ねて雨に濡れないようにシートで覆うことにしました。
ワラ細工用のイネを避難しました_a0123836_1626780.jpg

乾いているのが稲の色で分かりますね。
ワラ細工用のイネを避難しました_a0123836_1626247.jpg

そして、イネを吊るしていた竹もはずしました。
ワラ細工用のイネを避難しました_a0123836_16273978.jpg


これで雨が降らなかったら、この手間が無駄になるのが悔しい・・・
でも、雨も欲しいんですよね。万木堰の水位は下がり、湿性生態園の水没ヤナギ林の根元はイノシシに掘られ、一部では草地化してきています。これでは「湿性」の看板を下ろさないと・・・自然が相手では、相手に合わせるしかないんですけどねぇ。
by isumi-sato | 2010-09-14 17:09 | 田んぼ